テッキーの山歩き

tekky521.exblog.jp
ブログトップ

宇連山(うれさん) 西尾根より~

愛知県の山の大半は三河地方に位置し、中でも木曽山系と赤石山系がぶつかり合う岐阜、長野、静岡の三県に境する奥三河の設楽(したら)地区に集中しています。設楽山系と呼ばれるこの山系は、現在の日本の原形が形づくられたと言われる2000万年前の地質時代第三期の後、海底火山が隆起して造山されたといいます。設楽山系の中で、最大の山容を誇るのが宇連山(929m)です。
a0271502_1443812.jpg


南山麓には、明治100年の記念事業として整備された「愛知県民の森」があり、登山道は県民の森内の遊歩道を兼ね、幾本ものコースがあります。今回は、往路 南~西尾根、復路 滝尾根のコースを計画しました。

2012年11月25日(日曜日) 晴れ時々曇り
 自宅出発5時20分 東名高速道路三ヶ日JCTから新東名浜松いなさ北JCTを連絡する三遠道路を経由して、鳳来峡ICより県民の森駐車場へ。三遠道路はトンネルが多く、対向車1台とすれ違っただけで前後に車はありませんでした。駐車場到着6時55分。
a0271502_1454236.jpg

南尾根登山口は、県民の森入口近くのBキャンプ場内にあります。ヒノキ林の中、バンガローの間を抜けて、シダが生い茂る急斜面をジグザグに登ります。
a0271502_14104885.jpg
a0271502_14112966.jpg

8時 不動滝上展望台
a0271502_14123172.jpg

展望台からの眺め~
a0271502_14142019.jpg

a0271502_14144583.jpg

シダが生い茂る樹林帯を抜けると、空が開けてきます。
ここから露岩の尾根を登って行きます。
a0271502_14172152.jpg

この中央の茶色く見える道が露岩の尾根です。
尾根道は長い山頂を歩いているかのように左右の眺望が開け、風もなく暖かい陽射しが暑いくらいでした。日差しを遮る樹木がないので、夏は大変だと思いますが・・・
a0271502_14202868.jpg

西には鳳来寺山から棚山へと起伏に富んだ連なりが見えます~
a0271502_14214114.jpg

a0271502_14323721.jpg

大きな岩には、ハシゴが掛けられています~
a0271502_1433248.jpg
a0271502_14335816.jpg
a0271502_14342359.jpg

8時40分 尾根道の中央にある南展望台~
a0271502_14351150.jpg

新城市方面 槙原~能登瀬の集落
a0271502_14462568.jpg

防火用水
トタン屋根から雨水を受けて貯めるようになっていました。ドラム缶2つ分くらいの雨水が貯められていましたが、あくまでも初期消火の対応です。登山道のあちらこちらに設けられていて、下山するまでに20番までありました。山に登ると、火災が起きないようにといつも思います・・・
a0271502_1541563.jpg

a0271502_15413717.jpg

a0271502_154251.jpg

太古を思わせるような岩がありました。
もろく、薄い岩の層が何重にも重なっています~
かつては海底だったこの地が壮大な山になったことを想うと、今この時や、自分の存在なんてほんの一瞬の小さな小さな通過点としか思えません・・・
a0271502_1551999.jpg

a0271502_15514197.jpg

尾根道を何回アップダウンしてきたでしょう~
a0271502_15524214.jpg

ヒトツバ
「夏来ても ただ一つ葉の ひとつかな」 芭蕉(ばしょう)
シダの仲間です~地面から葉っぱが生えている姿が可愛い
a0271502_1613310.jpg
途中、国体尾根との分岐から南尾根は西尾根になります。
尾根道を随分歩いて来ました・・・前方にやっと宇連山の全容が見えました・・・只今9時10分
a0271502_165185.jpg

a0271502_1663420.jpg

a0271502_1684242.jpg

10時55分 北尾根の分岐点 北尾根ルートはかなり大回りになります。
分岐点がいくつもありますが、案内表示が丁寧で、手持ちの山地図と照らし合わせながら迷うことなく山頂を目指すことができました。
a0271502_169549.jpg

山頂までもう少し~
途中、展望の開けている場所がありました
a0271502_16131983.jpg
高度が上がるに従って、間近に明神山、鍵懸山、静岡県堺の山々へと眺望が広がって来ました。
長く開けた尾根道のあと、樹林に覆われた急な上りを歩くと・・・
a0271502_1613546.jpg

宇連山山頂 929m
a0271502_16144169.jpg

11時25分 二等三角点
a0271502_16173041.jpg

眺望は東側だけ開けていて、雪に覆われた聖岳、赤石岳、中岳、塩見岳~南アルプスの山々に感激しました。写真ではわかりにくいのですが、雪をかぶった富士山の頭が見えました~~嬉しい!!
a0271502_16511618.jpg

a0271502_19164436.jpg

中央右寄りの白い台形・・・雲じゃありません~Mt. Fuji~!!


     往路3時間50分
[PR]
Commented by shizenkaze at 2012-11-26 22:03
宇連山のような山が秋の紅葉などを見ながら登るのが一番楽しそうですね・・・・・^^

私のブロ友さん達のブログでは『第三紀』等の文字はまず見られないのでここで見ると嬉しくなります^^
奥三河では新生代第三紀の他に中生代の地層が見られるので興味深い所です・・・・・

鳳来寺の住職とは縁がありますが今も同じ住職なのかは分かりません
学生時代には仏法僧の声を聞きながら地質の事を調べに出掛けました・・・・・

ここから富士山が見られるのですか・・・・^^
富士山は登るより色々な所から眺めていたい山です~♪
Commented by tekky521 at 2012-11-27 15:13
shizenkazeさん
色々な山によって、岩や石の種類が違うのには気が付きますが、あまり詳しくないのでもったいなく思います
ただ山を歩くのでなく、もっと知識を持って観たら、さらに楽しくなるのでしょうね

富士山は毎年登りたいと思うのに、なかなか機会がありません
でも、思わぬところから見れたりすると感激します~
美しいですね~
Commented by はるんぴ at 2012-11-28 13:57 x
記事を読みながら私も一緒に登山してるかのような気分になれました。マイナスイオンたっぷりで心も健康になれますね~
冬山登山もするの?また山の魅力を伝えてね~
Commented by tekky521 at 2012-11-28 16:08
はるんぴ さん
冬の間は、低い山から遠くの雪山を眺めようと思います
自然の中にいると確かに心は健康になれると思います~
モヤモヤしていたことも、なんとなくリセットできますよ(笑)
by tekky521 | 2012-11-26 16:54 | 尾張・三河の山 | Comments(4)

名古屋からの日帰り山歩きのご報告。庭のお花たちや、日常のひとコマも時々登場しま~す♪♫


by テッキー