テッキーの山歩き

tekky521.exblog.jp
ブログトップ

川上岳(かおれだけ)

川上岳は、「かおれだけ」と読みます。木曽川と神通川の分水嶺をなす飛騨山地の山の一つで、岐阜県下呂市と高山市にまたがります。
標高1626m。「日本三百名山」の一座に選ばれ、一帯は豊かな自然が保たれています。


a0271502_1453893.jpg

    県道98号から望む川上岳



2014年10月18日(土曜日)
七宗町に住むお友達の「もう一度行きたい山!」の一つが川上岳(かおれだけ)だそうです。
前回は位山から縦走し、とても大変だったそうなので山之口林道から川上岳の往復としました。
今回は、それぞれ旦那さんと出かけて時間の打ち合わせもなしで、「タイミング次第の山頂集合~」のような控えめでアバウトの微妙な計画です。
さて、逢えるのでしょうか~~


川上岳登山口は、交通の便が悪いのでマイカーかタクシーを利用しないとたどり着けません。
国道41号線を下呂市方面に北上し、下呂温泉を過ぎたら上呂交差点で飛騨川を渡り県道88号に入り、山之口川に沿って県道98号を北上します。
上之田集落で位山峠への道と分かれ、林道の奥に進みます。
林道の分岐点には、「川上岳登山口」の標識がありますが、約5.2kmの狭く未舗装の林道は、徐行して約30分かかりました。(-_-;)


県道で知喜里橋を渡ります~
看板が明瞭です。
a0271502_14305052.jpg



狭くガタガタな林道が続きます~
すれ違うのはとうてい困難です。
a0271502_14325538.jpg



見た目よりゴツゴツでガタガタ、所々水たまりもできていますですー
新車の人は哀しいかも・・・
a0271502_14461065.jpg





7:15 登山口到着 
山之口林道ゲート前に、10台くらい停めれそうな駐車場があります。
県道で少し迷い林道はゆっくり来たので、予想では3~5台は停まっていると思ったのですが、なんと一番乗りでした!
今朝一番なんて、寝ぼけた森のくまさんに出会ったらどうしよう・・・
おはようでいいのかな。
a0271502_14373776.jpg



a0271502_1438921.jpg



一番乗りで車を停めていたら、ちょうどお友達も到着しました!(#^^#)
なんとなくの山頂集合が、まさかの登山口集合になりました。
でも、私たちはこれから朝食だったので、お友達夫婦にはお先に行ってもらいました。
どうぞ、どうぞ。
なんとかして追いつくよ(^_-)-☆


7:45 やっと出発
間もなく、大足谷を渡ります。
a0271502_17534364.jpg



丸太が二本掛けられた橋は、結構揺れました。
a0271502_17552717.jpg


透き通った綺麗な流れです~
a0271502_17562555.jpg



谷を渡ると急な登りになりました。
狭い登山道を、山肌に沿ってジグザグに登ります~
下山はちょっときついかも。
この鉄製の板は、少し腐食していました・・・
a0271502_1758949.jpg



木々たちが、エネルギッシュに生きている感じがします。
a0271502_17582677.jpg



大きなホウの葉が、茶色く枯れてたくさん落ちていました。
春先の芽吹きから、若葉、ほうば寿司・・・もう冬支度なのですね。
a0271502_1852291.jpg



朝日に照らされる色とりどりの秋色を眺めながら、ゆっくり登って行きました。
先に行ったお友達夫婦には追いつけそうにもありません・・・
a0271502_185449.jpg



ゆっくり1時間近く登ると、木々の間から御嶽山や隣の位山が見えて来ました。
a0271502_18132591.jpg



紅葉の進んだトンネル~
季節のせいか、野鳥の声も聞こえてこない静かな登山道です。
a0271502_1816499.jpg



御嶽山がとても大きく見えました。
さすが3000m越えの霊峰は偉大です。
昨年まで3回くらい登りましたが、やはり私のような者が迂闊に入る山ではないような威厳さえ感じました・・・
a0271502_18173135.jpg



今日も噴煙を上げる御嶽山・・・
a0271502_18181025.jpg

活火山の脅威をひしひしと感じます・・・


こんな童話の中のような風景が続きます~
a0271502_1827525.jpg



9:25 
樹木の間に、ガスがかかった川上岳が見えて来ました。
a0271502_1443895.jpg



絵本なら、リスやウサギが出て来そうな場面ですね。
このお話には、くまさんは出て来ません。
a0271502_14455395.jpg

メルヘンチックでごめんなさいーーー????


泥を掘って出来た水溜まりの周りには、蹄の足跡や大きな足跡もありました。
水溜まりの周囲もぬかるんでいて、靴が少し沈みます。
a0271502_14461674.jpg

ここを掘ったら、水飲み場が出来るって知っているのでしょうか・・・
「ここ掘ったら出るぞ!」
「おまえ掘れよっ!」
「えーーっ、爪痛い・・・」
「じゃあ、おまえ掘れよ!」
真夜中、森のけもの達がそんな会話でもしたのでしょうか・・・


9:45
樹木の間から垣間見る、雲海。
a0271502_14525449.jpg




標高1300m前後のこの地点でも見れるのですね。
朝霧の発生でしょうか
見とれるほど綺麗でした。
時間が経てば消えてしまう雲海。
できれば、消えるまでずっと見ていたかったです~
a0271502_1455943.jpg



色とりどりに鮮やかな紅葉の川上岳。
山頂に立てば、こちらが見えるのですね。
a0271502_1551014.jpg



こ、これは!!
く、くまさんのフ、フ、フ、、
、、踏んだね!
a0271502_1594683.jpg

草の実が混ざっていました。
熊に出会ったらどうするか。
声を出さず、目を合わせないで、ゆっくり後ずさりする!
あ、これはテレビで見たマウンテンゴリラの場合でした。
熊にもゴリラにも出会いたくないので、ホイッスルを吹きながら歩きました。
救助要請と間違えられないように、三三七拍子で。楽しそうに。


馬瀬方面の分岐点がありますが、迷うことなく山頂に向かえます。
a0271502_15122216.jpg



10:32 山頂は、もう目の前
分岐点には見易い標識があり、登山道も踏まれているので歩きやすかったです。
a0271502_1514553.jpg



10:35 川上岳山頂 1626m
a0271502_15162654.jpg






登山口から山頂まで2時間50分

先に到着していたお友達夫妻はランチタイムが終わったところでした。
ゆっくり食べながら待っていてくれたみたい・・・
ありがとう(#^^#)
一緒に写真を撮ったりして楽しみました☆彡

山頂の様子や登山道の紅葉風景なども、また見てくださいね(^_-)-☆
[PR]
Commented by shizenkaze at 2014-10-21 23:27
川上岳に出掛けられていたのですね~
私が低い所をウロウロしていた頃にはきっと上から見られていたのかも知れないですね・・・・・(*´∀`*)

地上では紅葉もまだですが山は紅葉が見られましたね~
1626mの標高だと遠くまで見渡せますね
でも今御岳山を見ると辛くなりますね・・・・・・・

私の早く木々の紅葉が見たくなりました~
来月の半ばにはまた飛騨川に出かけたくなりました・・・・・
Commented by miki at 2014-10-22 12:31 x
そろそろかな~~と
のぞきに来ました(*^_^*)

楽しかったね~♪♪
テッキーさんの表現がおかしくって(笑)
途中、ダチョウ倶楽部は出てくるし☆
337拍子で笛吹くし(笑)

はい、クマのでっっっかい う〇こを踏んづけて
歩いて行ったのは、ウチのダンナです(笑)

くまさんに食べられることなく、
きれいな景色を観て下山できたこと、

幸せに思います。

ステキなイチニチに  感謝(*^。^*)♡
Commented by tekky521 at 2014-10-22 20:54
shizenkaze さん
この日は空がとても綺麗で、色づいた葉が空に映えていました
立派なレンズのカメラを抱えた紳士はshizenkaze さんでしたか~(#^^#)
飛騨川沿いの紅葉はまだ先のようでしたが、その分楽しみが延びていいですよね
紅葉の頃は、秋晴れが続くといいですね

Commented by tekky521 at 2014-10-22 21:00
miki さん
mikiさんおすすめの川上岳は最高でした☆彡
位山までの縦走路を調べたら、今回の登山道の2.5倍くらいありますね
その往復なんて、すごい健脚ですねー!
もう一つの「おすすめの山」もまたご一緒してくださいませ
せっかくなので、今度は登山口から・・・(笑)

靴が汚れた場所のすぐ上に、洗うスポットがあって良かったですね
今年は熊の出没が多いとのこと
お庭でも気を付けてくださいね(^_-)-☆

いろんなことに感謝の一日でした

by tekky521 | 2014-10-21 16:13 | 美濃・飛騨の山 | Comments(4)

名古屋からの日帰り山歩きのご報告。庭のお花たちや、日常のひとコマも時々登場しま~す♪♫


by テッキー