テッキーの山歩き

tekky521.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:越前・近江の山( 14 )

伊吹山下山。上野登山口(滋賀県米原市)までの登山道で見かけたお花たちです~
空模様が怪しくなってきたので、あまりのんびりしていられません。
7時 下山開始。10時までに下山したら雨には降られないかな・・・


オオバギボウシ
a0271502_17163033.jpg



ミヤコアザミ
a0271502_17234681.jpg



クモキリンソウ
a0271502_17251818.jpg



a0271502_17254355.jpg



キリンソウ
a0271502_17274443.jpg


??
a0271502_1729788.jpg



???
a0271502_17311654.jpg


シモツケ
a0271502_17315337.jpg



キバナノカワラマツバ
a0271502_17322026.jpg

メタカラコウ
a0271502_173791.jpg


カラマツソウ
a0271502_17324848.jpg


カワラナデシコ
a0271502_17333290.jpg

a0271502_1734135.jpg



7合目付近
下山する人も、登って来る人も・・・
a0271502_17342918.jpg



イブキジャコウソウ
a0271502_17351983.jpg


クサフジ
a0271502_17374788.jpg


6合目付近
メタカラコウ
a0271502_17382047.jpg



クサフジとキバナノレンリンソウ
a0271502_1739525.jpg


ハクサンフウロ
a0271502_1740161.jpg

a0271502_17404824.jpg


8時30分 5合目
a0271502_17411653.jpg



ヒメウツギ
a0271502_1742351.jpg


トモエソウ
a0271502_17424811.jpg



ユウスゲの群生はネットで保護されていました。
a0271502_1895266.jpg


離れて咲いていた、くたびれたユウスゲ
a0271502_17452311.jpg



8時55分 3合目
a0271502_17435343.jpg

怪しい天気でしたが、3合目辺りからいよいよ雨がぱらつき始めました。
2合目に着く前には本格的にザーザー降り出し、カッパは着ていましたが木陰で雨の様子を見ていました。

フジの仲間
a0271502_17454894.jpg



9時38分 2合目から1合目のゲレンデ
降りはおさまっていますが、泥んこで滑りやすくなっています~
尻餅つかないように慎重に下ります・・・
低学年の女の子が泣きながらお父さんの後を歩いていました。
a0271502_17461257.jpg



1合目 こんな天気ですが、これから山頂を目指す人も結構いました・・・
いろんな人が、いろんな想いで山に来るのですね。 
a0271502_17462429.jpg



1合目から登山口までの樹林帯は、小川のようになってしまいました・・・
a0271502_17464239.jpg


ゴアテックスの登山靴は優秀で、こんな道を歩いても靴の中は濡れません~
a0271502_1748281.jpg



10時 駐車場に到着。
駐車場の高橋さんから笑顔の「おかえりなさい」と、冷たいお茶とお菓子のサービス。
a0271502_1750139.jpg


ここで、夫が奇声をあげました!
手にはヒルがくっついていました!!
伊吹山でヒルに遭遇することは珍しいみたい。
高橋さんも驚いてみえました。
カモシカやイノシシが増えた影響でしょうね・・・
雨天は要注意です!!
幸い、吸血されていませんでした。


下山にかかった時間 雨宿りも含めて3時間



帰り道は、道の駅に寄って・・・お買い物。
a0271502_18381346.jpg


ジェラードを食べて・・・
これは、ブルーベリー&チーズ。
a0271502_18394375.jpg



伊吹野そばを食べました。
a0271502_1841122.jpg


a0271502_18412424.jpg


「ざるそば」 普通盛り
a0271502_1842159.jpg

色々な意味で、まだまだ開拓の余裕が十分ある、道のそばのお蕎麦屋さんでした・・・(._.)


道の駅展望台から臨む、雨の伊吹山
a0271502_18404664.jpg



道の駅と薬草風呂
a0271502_1840236.jpg




伊吹薬草の里内の薬草風呂
a0271502_18502489.jpg

茶色い薬草湯は「効く~~~!」という感じ。
薬草湯も、伊吹山のお楽しみです。



これで7月12-13日の伊吹山は終わり。
20.21連休のお天気も今ひとつのようなので、予定を立てられません。
梅雨明けも間近になりましたが、蒸し暑くてたまりませんね。
体調を整えて、夏本番を迎えましょう!

今夜、娘が帰って来ます(o^^o)



[PR]
by tekky521 | 2014-07-18 20:59 | 越前・近江の山 | Comments(2)
伊吹山頂遊歩道で見つけたお花いろいろ~
見落としてきたものもたくさんあるかと思いますので、だいたいで見てくださ~い(#^^#)


キンバイソウ(金梅草)
a0271502_1643364.jpg

a0271502_15494291.jpg



イブキトラノオ(伊吹虎の尾)
a0271502_15271371.jpg

a0271502_1520825.jpg



キバナノレンリンソウ
a0271502_15221581.jpg

a0271502_16311527.jpg


シモツケソウ
a0271502_15252641.jpg

a0271502_15281497.jpg



メタカラコウ
a0271502_15261553.jpg



ミヤコアザミ
a0271502_15292957.jpg

a0271502_15312951.jpg

a0271502_16325550.jpg



キヌタソウ
a0271502_1535243.jpg

a0271502_1536063.jpg



ヤマアジサイ
a0271502_15394787.jpg

a0271502_15403062.jpg



ダイコンソウ
a0271502_15413859.jpg



カラマツソウ
a0271502_15423791.jpg


アカショウマ
a0271502_15445458.jpg


アカソ
a0271502_15452449.jpg



ヤマホタルブクロ
a0271502_15461433.jpg



クサタチバナ
a0271502_15465679.jpg



クサフジ
a0271502_1551185.jpg



ウツボグサ
a0271502_15545678.jpg



ヤマガラシ(イブキガラシ)
a0271502_1557814.jpg



クモキリンソウ
a0271502_1644123.jpg



キバナノカワラマツバ
a0271502_15591037.jpg



カノコソウ
a0271502_16485588.jpg



シシウド
a0271502_1632113.jpg






登山道のお花は、登りは暗闇だったので何も見えませんでしたが、下山途中ではいろいろ咲いていました。
次回は、登山道に咲いていたお花と、帰り道あれこれです。
よろしくね (^_-)-☆



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も朝から陽射しがじりじりとして、蒸し暑くなりました。
夕方には空が暗くなったかと思うと雷がごろごろ、雨もざっと降りました。
植木に水を撒く手間が省けて、少しだけ涼しくなりました。
毎日夕立だといいなぁ~

今年もオシロイバナがたくさん咲いて、あま~い香りがしています。
ピンクが主で、一株だけ白が咲きました。

週末は連休になりますが、お天気は不安定になりそうですね。
[PR]
by tekky521 | 2014-07-17 20:37 | 越前・近江の山 | Comments(2)

伊吹山頂の朝

日付が変わった13日の深夜は、一晩中風が吹いて山小屋の壁や窓がガタガタ言っていました。
こんなに吹いて、やっぱり降るのかな・・・と思いながらウトウトしていました。
風が止んだ間には、小屋の外ではホタルが舞っていたそうです。

4時過ぎ、外に出てみました。辺りは薄らと白んでいますが、見上げると空には厚い雲。

4:42 東の空はこ・の・と・お・り・・・・・
a0271502_9433763.jpg



どよ~~~~ん・・・
a0271502_9451914.jpg


a0271502_94612.jpg



4:50 お天道様のお出ましは、なし。
a0271502_9463690.jpg

残念でした(._.)


伊吹山三角点 1377m
a0271502_9553735.jpg

「三角点だけど四角です・・・」
日の出が見れなかったので、そんなこと言って笑っている若者がいました~

山頂
日本武尊(ヤマトタケルノミコト)像
a0271502_9585930.jpg

今から2000年ほど前、日本武尊は伊吹山の荒神を退治しに登りました。途中、荒神を怒らせ大氷雨に降られてしまいます。命からがら下山した日本武尊は、伊吹山の麓から湧き出る清水(居醒の清水)のもとで休み、正気を取り戻したという伝説があります~


では、このまま遊歩道のお散歩に出かけましょう~??
山頂からドライブウェイ駐車場まで、3つの遊歩道があります。
東遊歩道(約60分 1500m)で降りて、
西遊歩道(約40分 1000m)で山頂に戻ります~
4:57
a0271502_1084331.jpg



どんより曇り空ですが、東を向いてお散歩したら、雲の隙間からお日さん見えるかな?
a0271502_10122551.jpg



東遊歩道は下り専用で、途中大きな石がごろごろしたり、背丈以上の笹や草木が生い茂るのでサンダルやショートパンツでは危ないですね。
a0271502_10572411.jpg



7月13日。咲いているお花は少なめ。
今日は遊歩道の様子だけ見てね~
お花シリーズは後日です。
a0271502_1042283.jpg


a0271502_1043227.jpg



5:39 ドライブウェー駐車場に到着
a0271502_10252669.jpg



駐車場から見える風景~
この前登った伊吹北尾根の、奥から国見岳、大禿山、御座峰
a0271502_1030145.jpg



ホオジロくん、おはよう!
a0271502_10314543.jpg



いい声だね!!
a0271502_10351616.jpg



なに?! 呼んだ?
a0271502_10321994.jpg



いま忙しいんだから、またにして!
a0271502_1037145.jpg



5:50 西遊歩道で山頂に戻ります。
a0271502_1045173.jpg



西遊歩道は、お花がたくさん見られるところですが、まだ少なめでした。
一面お花でいっぱいになるところです。来月また来なくちゃ・・・
でも、琵琶湖が綺麗に見れました~
a0271502_10483869.jpg



今まで何度かここにきましたが、晴天でもガスが上がってきて琵琶湖をしっかり見れたことがありませんでした。
どんよりの今朝はガスがなくて、琵琶湖の竹生島までクッキリ見えました~
a0271502_1135836.jpg


a0271502_10544867.jpg


山の朝の風景っていいですね~曇っていても。
a0271502_10595041.jpg


a0271502_16584635.jpg




6時25分 山頂
朝のお散歩を終え、持参した朝食を食べてから下山です。
対山館 素泊まり (0時~7時)1500円


どんより曇り空、お天気は下り坂。
10時までには下山する計画です。

次はお花をまとめてみます。
ちょっと少ないけど、お楽しみにね (^_-)-☆


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も蒸し暑い一日でした!
昨日は多治見市の最高気温が日本一でしたね。
毎年、岐阜県多治見市、埼玉県熊谷市、群馬県館林市の「日本一暑い街」のアツい戦いが繰り広げられますね。
今日も「この夏一番」となり、毎日記録更新されるのでしょうねー

戦力外ですが、暑いです・・・
水分補給、ミネラル、休養で夏に負けないように気を付けましょう~
[PR]
by tekky521 | 2014-07-16 18:36 | 越前・近江の山 | Comments(2)
伊吹山(1377m)は滋賀県と岐阜県の県境に位置する、自然豊かな山です。
日本百名山のひとつで、自生する植物には「伊吹固有種」も多く貴重な自然の宝庫です。
歴史的にも、古くは古事記や日本書紀にも登場したり、松尾芭蕉が歌を詠んだりしています。
山頂には、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)像も建っています。

台風一過の7月12日、中部圏は青空が広がっていました。
そして満月。
翌日13日の天気予報は徐々に下り坂。昼前から雨の予報なので、朝10時までの下山。
運が良ければご来光が見れるかな・・・


a0271502_918651.jpg

   名阪道から望む夕暮れの伊吹山


2014年7月12日~13日(土~日曜日)

自宅出発18時。名阪道で関ヶ原を目指します。
途中、養老SAで夕食を摂って、予約した「高橋駐車場」に向かいます。
滋賀県米原市上野の上野登山口までは、関ヶ原ICを降りたら関ヶ原方面(左)に向かい、
国道365号を西に向かいます。途中の「藤川」交差点で右折、「伊吹山ドライブウェー入口」を右手に通り過ぎて、「上野」交差点を右折、まもなく民間駐車場がいくつかあります。

駐車場到着20時15分。
予約したので名前が貼られて確保してありました。到着すると奥様が笑顔で出迎えてくれました。
「久しぶりやね~元気でした?
『ヒメホタル』が見れるといいね~日の出はどうかなぁー、今朝は良かったみたいやけどね。
この辺、天気予報あたらんからどうやろー」と、奥様。

20時40分 出発
三宮神社にお参りをして、
登山口から1合目までは、樹林帯です。
a0271502_950562.jpg



9時14分 1合目
夜だというのに、もうこの時点で汗びっしょり。
登山者は山頂までに5組ほど出会いました。
a0271502_9541815.jpg


1合目までの樹林帯はライトで歩きましたが、ここからは2合目まではゲレンデ歩きなのでライトを消して、月明かりで歩きました。
自分の影ができる程の月明かりです。足元も良く見えるし、月の光って優しく感じます。
今日は満月。月の波動って、浄化パワーもあるとか・・・心や身体のいらないものを払い落としてくれる力があるそうですね。
大変!!山頂に着くころには、私は半分くらいになってしまうかもしれません・・・
結局、2合目から山頂まで月明かりで登りました。
a0271502_1045988.jpg



ゲレンデ歩きから8合目過ぎるまで、眼下には米原市の夜景が見えますが、夜も更け街の灯りは少なくなっていきました。
a0271502_10101774.jpg



時折、ピューと鹿の声。
3合目あたりから、草の陰にホタルの光が一つ。またあちらに一つ。
高く登っていくにつれ、ホタルの光は増えていました。

8合目の休憩所には、テントが張られていました。
テントの外には、小さな男の子の靴がそろえてありました。

0時15分 山小屋「対山館」到着
カーテンで仕切られて、雑魚寝。
毛布2枚貸していただけます。
写真は翌朝撮りました。
a0271502_17304144.jpg


縦長に仕切られて、枕を突き合わせて休みました。
奥が私。手前は旦那さんです。
a0271502_17331198.jpg


昨年は、着替えがなかったので寒くて寝れませんでした。
今回は着替えと、体を拭く「デオドランドシート」ですっきり。
男性用「デオドランドシート」は女性用より5cm大きいので、使いやすくてお気に入りです。
「おばさん」だからじゃなくて、娘も男性用を愛用しているみたいです^^

トイレの手洗いの水が出なかったのですが、これに水を凍らせて持っていたので歯磨き等に重宝しました。
a0271502_17541343.jpg

なかなか便利ですよー

◎次回は「耳栓」を忘れないように持っていきます!!

周辺にはいくつかテントが張られ、トイレ入り口に座って仮眠をとっている人もいました。
月明かりは雲に遮られ、ホタルが舞っていました。

さて、日の出時刻は4:48
どんな朝が待っているでしょうか。



ナイトハイク 登山口から山頂までゆっくりペースで約3時間半



予約で安心←宣伝みたい(笑)
「高橋駐車場」   0749-58-0167
頂上山小屋「対山館」0749-58-0761 
 
[PR]
by tekky521 | 2014-07-14 18:26 | 越前・近江の山 | Comments(2)

伊吹山 ~下山

伊吹山編 無理やり最終回です。
長々とお付き合い頂いた方は、ありがとうございました。
同じような写真ばかりですが、見てくださる方は、おそらく「花を楽しむ山」が好きな方かと思います。気が向いたらご覧下さいね。
膝を傷めないようにゆっくり下山しましたが、こちらは駆け足で・・・

2013年7月28日の登山路の様子です~

a0271502_1018447.jpg

9時20分 下山開始 同じく下山する人は2~3人いました。
a0271502_10215149.jpg

キバナノカワラマツバ 何度も登場しました。
小さな花が密集していて可愛いんですよ~
a0271502_10232348.jpg

イブキトラノオ 伊吹山は標高1377.4mですが、こんなふうに雲が下に見えます~
a0271502_1024257.jpg

まだ風が涼しくて、気持ちの良い下山です~
a0271502_10252824.jpg

カワラナデシコに見送られて・・・
登山道は石がゴロゴロしています。暗くてわかりませんでしたが、よく転ばずに登りました・・・
a0271502_10265180.jpg

a0271502_10272941.jpg

山頂方面を振り返るとこんな感じです~
a0271502_10281925.jpg

a0271502_10295695.jpg

濃い霧が出てきました~麓から見ると雲に覆われています。
a0271502_10305530.jpg

メタカラコウ
a0271502_10313374.jpg

6合目と7合目の間です。ジグザグ道です。登山者が十数人、登ってくるのが見えます。
下山までに200人くらいの方とすれ違いました。
a0271502_10363737.jpg
a0271502_1035387.jpg

6合目の避難小屋です
登りの時は、避難小屋に薄灯りが灯っていました・・・
a0271502_10372415.jpg

クサフジ
a0271502_1038311.jpg

フウロの類
a0271502_10383914.jpg

10時48分 5合目
水分補給だけして、殆んど休憩なしで下山中です。
a0271502_1040757.jpg

ゴロゴロした登山道です~
a0271502_10411824.jpg

野いちご~ちょっと酸っぱい・・・
a0271502_10462157.jpg

a0271502_10504197.jpg

a0271502_1132285.jpg

3合目 この付近、オカメガハラ付近の花の説明
ユウスゲ(ユリ科)の保護地区になっていて、人も獣もむやみに入れないようにロープが張ってあります。
a0271502_122004.jpg

ユウスゲ
夕方6時前後から咲き始め、翌日の朝しぼんでしまいます~
a0271502_1164073.jpg

これもフウロソウの類
ごめんなさいね。ちょっと疲れてきましたので、名前は時間のあるときに調べてこっそり書き足しておきます。
ご存知のかたは、こっそり教えてくださいね・・・
a0271502_11171124.jpg

山頂を振り返って~
ガスの中です
a0271502_11192116.jpg

a0271502_1120571.jpg

2合目から1合目はゲレンデ歩き~
下りは結構きついです・・・
日差しをそのまま受けるので、登る方もキツいです・・・
a0271502_11225794.jpg

パラグライダー練習中
a0271502_11242147.jpg

笹に巻きついているヒルガオの類~
a0271502_11251061.jpg

この花は園芸店に並んでいそうですが・・・
a0271502_11263954.jpg

11時54分 1合目
a0271502_11271910.jpg

暑くなってワンコもお昼寝~
a0271502_1129571.jpg


12時18分 下山終了  約3時間
麓の駐車場は満車。登山口に一番近い駐車場だけ町営1000円ですが、そこも満車。

a0271502_11311178.jpg

ここが、毎回お世話になる高橋駐車場~
サービスいっぱい!今回は足湯・・・ではなく足冷水のサービス?が追加されましたよ。
a0271502_11322741.jpg

サンダルに履き替えて(何足か用意してありました)、冷たい水に入ります~
a0271502_11344242.jpg

数秒で足がしびれるくらいキンキンに冷たくて、暑かった身体も涼しくなりました。
汚い足は、あまり見ないでね!
a0271502_11383830.jpg

「足が冷えたら今度は中から冷やしてね~」 と懐かしい棒ジュースを出して頂きました。
高橋さんは、毎回お茶を出して下さいます。
ところで、この凍った棒ジュースのことを何て言いますか?
私の家では「チューペット」 近所の人は「ポッキン」「チューチュー」
夫が子供の時は「チュパチュパ」だそうです~
お茶やお菓子、着替えもできるし、靴も洗えます。
何より、ご夫婦の人柄、笑顔と、温かな対応で疲れも飛んでいきます~

7月上旬のある日、伊吹山登山を予定してこちらの駐車場を予約していました。
その日の早朝4時、「今日は天気が悪くなるからやめたほうがいいよ」とご主人から連絡がありました。その気遣いと親切心に感激して、ますますファンになりました。

では、伊吹山をあとに・・・
・・・秋にも登ってみたいですね~
恒例の薬草湯で疲れを癒して帰ります。

a0271502_11553542.jpg


「いぶき薬草湯」は、伊吹薬草の里文化センター内にあります~
薬草風呂は、さらし袋に沢山の薬草が入れられたお湯で茶色く、香りも効きそうです。

a0271502_11574763.jpg

「いぶき薬草湯」から臨む、伊吹山~

午後から天気が崩れると言われていましたが、晴れの一日でした。



おまけ・・・養老SAの新製品
a0271502_1251990.jpg

抹茶クリームとチーズケーキが求肥で包まれた「薄雪ようろうる」(養老ール)
一切れのレモンがポイントです~

ナイトハイクに行かせてくれた家族に感謝して、お土産の一つに加えました。


お疲れ様でした。
長々とお付き合いいただきまして、ありがとうございました。
暑さに負けないで、上手に夏をお過ごし下さい。
[PR]
by tekky521 | 2013-08-03 14:52 | 越前・近江の山 | Comments(2)

伊吹山 ~西遊歩道

夏の伊吹山は魅力的で、続編が続いてしまいました・・・
飽きていない方はお付き合いくださいね・・・

西遊歩道コースは、山頂駐車場の「スカイテラス伊吹山」が入口の目印になります。
道幅が広く、傾斜が緩やかなので歩きやすい遊歩道です。
晴れていれば、眼下に琵琶湖を一望できます~
 
2013年7月28日の様子です。

a0271502_16111771.jpg

8時15分 ここが西遊歩道入口です~
a0271502_16134342.jpg

a0271502_16144896.jpg

クガイソウ(ゴマノハグサ科)
ルリトラノオと同じ仲間で、葉のつき方の違いで見分けるようです~
葉が4~6枚ずつ階段状につくから九蓋草というそうです。
a0271502_16183415.jpg

コオニユリ
クルマユリの方が、花がクルン!となっているようですけど、よく解りません・・・
葉のつき方が違うと教えて頂きましたが、もう一度見に行かないとよくわかりません~
どちらも、目立つ朱色で緑の草木の中ではドキッと目立ちます~
a0271502_1622189.jpg

ヤマホタルブクロ(キキョウ科)
a0271502_16223716.jpg

お馴染みの、オオバキボウシ(ユリ科)
a0271502_1623575.jpg

マムシグサ(サトイモ科)
実があるから雌株ですね。秋には赤く、スジコみたいになります。
a0271502_16341385.jpg

まだ花が咲いていませんが、コイブキアザミだと思います。
伊吹山には数種類ものアザミが咲くようですが、コイブキアザミは伊吹山特産種のようです~
「小伊吹」アザミなんでしょうけど、まだ咲いていない花が見たいと願うと、「恋吹き」アザミと書きたくなります。逢いたいけど逢えない・・・そんな感じですね。
a0271502_1639401.jpg

琵琶湖方面の斜面には、濃い霧上がってきました。麓から見たら雲に覆われている状態ですね。
「ガスって来た」なんて言います~
ここには何度か来ていますが、はっきりと琵琶湖が見えたことはありません・・・
よく晴れた時なら琵琶湖が一望できて、湖中に浮かぶ竹生島、沖島、蛇行して流れる姉川が見えるようです。
a0271502_8391268.jpg

キリンソウ
a0271502_8411950.jpg

山頂に近づいて来ました~
整備された歩きやすい遊歩道です。
a0271502_8421718.jpg

もうお馴染みのメタカラコウ~
a0271502_8424096.jpg

a0271502_843469.jpg

ヒメフウロ(フウロソウ科)?
茎が細く、葉には切れ込み、花は小さいです。ちょっと軟弱な感じ・・・
a0271502_8433880.jpg

ハクサンフウロ(フウロソウ科)
フウロも何種類かあって・・・
a0271502_8441140.jpg

a0271502_8443777.jpg

a0271502_845457.jpg

ユリの蕾に甘えているイブキトラノオ~
a0271502_8454214.jpg

これもコオニユリ
a0271502_8461329.jpg

a0271502_8463685.jpg

グンナイフウロ(フウロソウ科)
季節が流れて、最後の一輪のようにひっそりと咲いていました・・・
a0271502_8473939.jpg

クガイソウ~
前世が猫だったのか、猫じゃらし系の形の花を見ると嬉しくなってしまいますニャ~!
a0271502_8482342.jpg

シュロソウ(ユリ科)
枯れた時に、根元の古い葉梢が黒褐色の繊維だけになって、それがシュロの毛に似ているそうです
a0271502_8533933.jpg

石灰岩の白が緑の中で存在感ありますね~
a0271502_8542782.jpg

見慣れた光景になってきましたね。
a0271502_8552191.jpg

9時12分 山頂山小屋
1時間かかってしまいました・・・(普通に歩けば40分のコースです)
ここは昨晩お世話になった対山館です。造りは古そうですが、雰囲気は温かでしたよ。
a0271502_859057.jpg

山小屋付近も賑やかになってきました。
a0271502_8595519.jpg

9時16分 熱中症対策に伊吹牛乳を飲んで下山開始します。
目標、駐車場到着 正午。

さて下山道ですが、登るときは真っ暗でしたが、下りでは百花繚乱の登山路です~
1合目ずつの区切りで投稿しようと思っていましたが、
あまりにもしつこく、日にちも経ってしまいますので
登山路は駆け足でご報告しますね。
[PR]
by tekky521 | 2013-08-02 16:48 | 越前・近江の山 | Comments(4)
8月になりましたね~
昨夜は、日にちが変わった頃から雨が降り始めました。
今朝もしとしとと降り続いていますが、蒸し暑い朝となりました。
いつもの朝は、明るくなると同時に、庭ではアブラゼミが競うように大合唱を始めます。

同じ朝とは思えない程の、爽やかな伊吹山頂の散策にお時間がある方はお付き合いください。
伊吹山頂からドライブウェイ(全長17km)の終点駐車場に続く、3つの遊歩道があります。
下り専用の「東遊歩道」、急勾配でほぼ階段で作られた最短距離の「中央遊歩道」、晴れていたら琵琶湖が見える「西遊歩道」。

2013年7月28日の東遊歩道の様子です~ 距離約1500m 山頂から約60分

a0271502_14231128.jpg

6時45分 伊吹山頂 1377m 日本武尊(やまとたける)像が建てられています
a0271502_14251082.jpg

イブキトラノオ(タデ科) 花穂が可愛くて、じゃれたくなりますね~
後ろにはクサフジが茂っています。
a0271502_143011.jpg

イブキジャコウソウ(シソ科) 


a0271502_14372826.jpg

カワラナデシコ(ナデシコ科)
山野の草地によく生えますが、川原にもよく生えるから付いた名前だそうです~
変わらないからじゃないんですね・・・
オオバギボウシ、イブキトラノオ、ウツボグサも咲いています。


a0271502_14422440.jpg

撫子(なでしこ)の名は、可憐な花の様子にもとづいているそうです。
花弁の先がいくつにも分かれていて繊細な形をしています。きっと、傷つきやすいんですよね~
「子」なら私にも付いています・・・


a0271502_14481653.jpg

キリンソウ(ベンケイソウ科)
茎、葉は多肉質です~
セイロンベンケイソウなら家でも生えています。
どんどん増えていますよ・・・
a0271502_1502091.jpg



コオニユリ(ユリ科)
華やかな色彩が目立ちます~
このユリを見ていると、シミ、そばかすも気にしないでおこう!って思えます~
a0271502_1545327.jpg

a0271502_15145296.jpg

東遊歩道は大きめの石がゴロゴロしていたり、茂みもあるので「靴」を履いたほうが安全です~


a0271502_15192978.jpg

シモツケソウ(バラ科)


a0271502_15215720.jpg

メタカラコウ(キク科)
仲間にはオタカラコウがいるそうですが、これよりもう少し作りが派手です~
a0271502_1528997.jpg

a0271502_15295616.jpg

遠くの山々が綺麗です~
思わず深呼吸をしたくなります。


a0271502_15342539.jpg

ヤマアジサイ~紫陽花は何種類か咲いていました
a0271502_16455357.jpg

瞬きすることがもったいないくらい綺麗です。


a0271502_1646462.jpg

まさに花の楽園ですね~
a0271502_16474691.jpg



a0271502_16484949.jpg

ヤマホタルブクロ(キキョウ科)
登山道の5合目辺りから上では、ヒメボタルが見られるそうです。
昨夜は風が少し強かったので、登山道では1匹しか見ることができませんでした。
ホタルの乱舞、見たかったです~
a0271502_16532220.jpg

a0271502_16545634.jpg

東遊歩道は自然豊かなコースですが、ぬかるみができ滑りやすいです。
石灰岩が露出している所もあるので、サンダルやハイヒールでは不向きです~
a0271502_16583122.jpg

下を見下ろすと、ドライブウェイが見えます~全長17km。
a0271502_170459.jpg

植物が腰のあたりまで生い茂ります~
肌が露出した服装も避けたほうがいいですね。
a0271502_1712871.jpg

夜露がまだ乾いていないので、ズボンが濡れました・・・


a0271502_1732395.jpg

アカソ(イラクサ科) 踊っているみたいで楽しそうですね~
場所によって純群落ができています。
茎、葉柄、雌花序などが赤いから赤麻(あかそ)です~


a0271502_1761977.jpg

オトギリソウ(オトギリソウ科)
生葉の絞り汁が切り傷、打撲傷などによく効くそうです~覚えておきますね!!


a0271502_1784312.jpg

キバナノカワラマツバ(アカネ科)
他に、この山には白いカワラマツバとウスギカワラマツバがあります。


a0271502_171168.jpg

キバナノレンリンソウ(マメ科)
織田信長が伊吹山に薬草園を開かせた際に、薬草に混じって入ってきたヨーロッパ原産で
伊吹山にだけ帰化したそうです~
要領がいいですねーーー! 見習いましょう~


a0271502_17154546.jpg

キンバイソウ(キンポウゲ科)
黄色いお花が続きました。
本日のあなたのラッキーカラーは、ずばり黄色でしょう~


a0271502_1718364.jpg

長くなってすみません・・・
もうすぐ終点です・・・


a0271502_17185526.jpg

貴重なお時間を頂いてしまいました。
両手をついてお詫び申し上げます~ 代表キリギリス


a0271502_17195515.jpg

珍しい色ですね
シュロソウ(ユリ科)
山頂でも見かけました。
人知れず咲く地味なカンジがします・・・
葉の繊維が丈夫で、翌年も繊維だけシュロのように残るのでその名前がつきました。
花の終わりにはイヤな臭気を出すそうで、切花には向かないとか・・・


a0271502_1921676.jpg

ノリウツギ(ユキノシタ科)
樹皮に含まれる粘液を、製紙の糊料に使うので糊ウツギだそうです~
最初に発見した人はすごいですね~


a0271502_19471859.jpg

バイケイソウ(ユリ科) ??
有毒です。植物全体にプロトベラトリンなどのアルカロイドを含有しており、誤食すると、嘔吐、下痢、血圧降下、けいれんなどの中毒症状が起きます。
でも、薄緑色の花はとても綺麗です~


a0271502_19302559.jpg

大きな花火が上がりました~


a0271502_19312289.jpg

ひときわ目立つ、大きなフキの類ですねー
マルバタケブキでしょうか・・・大きな花が咲くのでしょうね~


a0271502_1933497.jpg

真っ白な紫陽花が咲いていました。
ドキッとする程純白で、とても綺麗でした~


a0271502_1934432.jpg

8時10分 ようやく駐車場に到着です~
普通に下れば約60分ですが、遊んでいたので2時間もかかってしまいました。
日が高くなる前に下山したいのですが・・・

この後は、西遊歩道コースで、山頂まで戻ります。
さて、何分かかってしまうのでしょーか・・・
[PR]
by tekky521 | 2013-08-01 07:32 | 越前・近江の山 | Comments(2)
7月28日、やや曇り空からの御来光のあと、まだ朝露の光る山頂付近です。
お時間のある方は、一緒にお散歩しましょう~
花の名前がよくわかりませんので、昨年購入した「伊吹山お花辞典」を手に散策です。

a0271502_11311874.jpg

5時20分 小高い位置には、名残惜しそうに朝日に見とれている大学生風のグループがいました。この後テントを畳んでいましたが、強風にあおられて苦戦していました~
この黄色い花は、メタカラコウ。キク科の花で、伊吹山では優占種となります~

a0271502_1138255.jpg


カワラマツバ(アカネ科)
葉が細いので松葉というようです~

a0271502_11453435.jpg

5時25分 三角点 標高1377m

a0271502_11462731.jpg

山小屋が5軒あります。テント泊も楽しそう~

a0271502_11465682.jpg

a0271502_11472236.jpg

遠くの山も、空気も、朝の色に染まっています~
a0271502_11482247.jpg

a0271502_11484748.jpg

a0271502_11501477.jpg

オオバキボウシ(ユリ科) 伊吹山ではメタカラコウとともに優占して、群生開花します。
葉が大きく、蕾の形が橋の欄干の擬宝珠に似ているから付けられた名前だそうですが、
欄干の頭に付いている、玉ねぎみたいなのですよね?

a0271502_1212744.jpg

しっぽみたいに可愛い子は、ルリオラノオ(ゴマノハグサ科)
伊吹山頂にのみ自生する特産種だそうです。
クガイソウ(ゴマノハグサ科)というそっくりさんもあります~
違いは葉っぱをよく見ないとわからないそうなので・・・
白いお花はキヌタソウ(アカネ科)
洗濯に使う砧(きぬた)に果実がにているそうですが、砧(きぬた)って見たことありません・・・
アイロン替わりの物みたいですね・・・

a0271502_12141586.jpg

可愛いしっぽです~


a0271502_12161480.jpg

シシウド(セリ科) 草丈は1~2mにもなります。
a0271502_12264092.jpg

硬そうでイノシシが食べるのに適していると考えて付けられた名前だそうです。
「・・・大きなお世話!!」って、イノシシの声が聞こえてきそう~
茎は浴場料の伊吹百草に加わっているようです。

a0271502_1222389.jpg

a0271502_12254992.jpg
シモツケソウ(バラ科) 山頂付近に群生開花し、真紅に彩ります。8月が見頃で、一面赤い絨毯のように染まります~

a0271502_12244742.jpg

メタカラコウ

a0271502_12273458.jpg

アザミは何種類もありあました~

a0271502_12305911.jpg

6時10分 昨夜のお宿 「対山荘」に戻りました。
約50分間のお散歩でした。お付き合いありがとうございました。

a0271502_12352950.jpg


昨晩泊まった場所です~
毛布2枚と枕が用意されていました
一枚は敷いて、もう一枚は掛けて休みました。
即席に布(カーテン)で仕切られていたお隣は、15人前後の団体さん。
その隣も布で仕切られて、10人程度のグループのようでした。

0時過ぎの宿泊は、素泊まり1500円。
遅がけに到着して、お世話になりました・・・

持参した簡単な朝食をとってから、東遊歩道を下ってドライブウェイ終点の駐車時に降り、
西遊歩道でまた山頂に登ってから、ようやく下山します。

明日は東遊歩道です~
[PR]
by tekky521 | 2013-07-31 18:23 | 越前・近江の山 | Comments(2)
伊吹山(1377m)は、滋賀県米原市と岐阜県揖斐川町との境に位置します。
高山植物の宝庫として有名で、全山に1200種類の植物が自生し、シーズン中は色とりどりの花畑を見ることが出来ます。また、頂上からは北東に中部の山々、南東に濃尾平野、伊勢湾、西に琵琶湖を見下ろすことが出来ます。
幾度か登ってきた伊吹山。
今回はご来光を拝みたくて、初のナイトハイクです。
季節もいいし、富士登山のトレーニングに登る方も多いそうなので、夜間登山者も多いかな・・・とひろりんと二人で安心して臨みました~


a0271502_0551843.jpg

  2013年7月28日 伊吹山頂から臨む朝日~

2013年7月27日(土曜日) 晴れ時々曇り
前日まで雨や雷の不安定な天候だったので、当日昼に出発を決定しました。
最終決定は、伊吹山麓で民間駐車場を営む高橋さんに相談しました~

自宅出発18時 名神高速道路関ヶ原ICから伊吹山に向かいます。
予約した高橋さんの駐車場到着 20時。
20時20分 いつものように三宮神社に参拝後、登山口に~
a0271502_2038750.jpg

地元のこども会でしょうか~神社の前では、小さな花火大会が行われていました。
登山口から1合目までは樹林帯です。
周りは木々に覆われていて、夜空も狭く覗くだけです。
頭にライトを付けていましたが、蛾やカナブン類が灯りに導かれて顔の辺りに突進してきます。
ライトは首からぶら下げて歩きました。
a0271502_20433578.jpg

真っ暗です。
灯りはこれだけ。
登山者は私たち以外誰もいませんでした・・・
1合目からゲレンデ歩きになりますが、そこで「ピュー!ピュー!」という、鹿の甲高い鳴き声を聞きました。
a0271502_2045325.jpg

2合目付近から見える長浜と彦根の夜景。
綺麗な写真じゃなくてごめんなさいね~
a0271502_20513616.jpg


明るい時は全く気がつかなかったのですが、登山道には花の香りが漂っていました。
3合目付近は草原で、昼間は色々な花を視覚で楽しんできましたが
花の匂いは、あまり気にしたことがありませんでした。
これだけ真っ暗だと、嗅覚が目を覚ますのでしょうか・・・
甘い花の微香をずっと感じて歩きました。
明日明るくなったら、ここにどんな花が咲いているか早く見たいですね~

こんなに真っ暗な、本当の夜です。
数十年前の女のコ二人、無事に登頂できますように~
a0271502_20533732.jpg

22時30分 5合目には自動販売機があります。
暗闇に浮き出て、少し不気味でした・・・
a0271502_20553578.jpg

東の空に月が昇ってきました~
星も出ていますが、満天の星・・・ではなく、少なめでした。
そして、夜露で濡れた草の影でホタルが1匹だけ光っていました。
この山で見られるのは、ヒメホタルだそうです~
夜景、蛍、星、月。 夜に輝くものが一度にこんなに見られて、感激です・・・
a0271502_2394491.jpg

0時07分 本日のお宿「対山館」に到着しました。
伊吹山山頂には5軒の山小屋があります。
「対山館」はHPもあります。
私達が本日予約の最終客だったようでした・・・
真夜中の到着だったのに、機嫌よく出迎えて頂き恐縮しました。
薄い壁の外では、風の吹く音が聞こえます。
これから雨が降りませんように・・・月夜の晴天が朝まで続きますように・・・

a0271502_23225067.jpg

4時36分 ご来光を待つ多くの人々~
山小屋の外には、十数ものテントが張られていました。
a0271502_2325177.jpg

明るくなってきた東の空
ドライブウェイ駐車場方面
a0271502_2328472.jpg

4時38分
a0271502_0135588.jpg

a0271502_0372115.jpg

5時02分
もうすでに、太陽はこの雲の中に昇っているはず・・・
a0271502_0381665.jpg

5時06分
眩しく輝く昼間の太陽は直視さえできませんが、まだ生まれたての朝の光は、形として見ることができます~
a0271502_0392137.jpg

雲間に伸びる、光の筋。
a0271502_057369.jpg

5時12分
a0271502_0362674.jpg

見知らぬ人々ですが、皆同じ偉大な光を見ています~
それぞれの心の中に、それぞれの想いの光が射しているのですね・・・
a0271502_0181750.jpg

夜から新しい朝の色に染められていく山々~
a0271502_020914.jpg

a0271502_0204194.jpg

a0271502_0212389.jpg

a0271502_022949.jpg


雲海でからなく、少し曇った雲間からのご来光でした。
でも、雲間から始まる今日の輝きは、今日しかない輝きです~
夜から朝に変わる瞬間。
それは突然ではなく、ゆっくり、少しずつ流れていきました。
濃紺に見えていた遠くの山々が、新しい朝日色に染められて行きました。
穏やかに迎えられた今日という日に、感謝した夜明けでした。

ナイトハイク 登山口から山頂山小屋まで 約3時間40分(3回程休憩)
5時20分 これから、山頂お花畑を散策します~
[PR]
by tekky521 | 2013-07-30 01:33 | 越前・近江の山 | Comments(2)

伊吹山頂お花畑 2

伊吹山全体では、シダ植物以上の高等植物が約1350種分布していますが、そのうちお花畑など山頂一帯には約350種が見られます。
石灰岩地を好む植物や、山頂付近には高山植物または亜高山植物と通称されるものが多くあります。
草花にあまり詳しくない私でも興味を持ってしまうほど、可愛いお花がたくさん咲きます~
a0271502_16124151.jpg

a0271502_1612242.jpg

二リンソウ
a0271502_16133830.jpg

a0271502_16143177.jpg

a0271502_16151790.jpg

みんな太陽の方を向いて可愛いですね~
私も隣に並んでみたいです~(笑)
a0271502_16154755.jpg

クサタチバナ
正面から花を見ると、私には星型に見えます~
a0271502_16173042.jpg

a0271502_16183366.jpg

グンナイフウロ
a0271502_1621886.jpg

a0271502_16224140.jpg

シベの自己主張が可愛いです~淡いむらさき色は優しい雰囲気がします
a0271502_162361.jpg

a0271502_16243254.jpg

ホソバノアマナ
a0271502_16251585.jpg

石灰岩の白と、草木の緑がとっても綺麗でした~
来月も見に来たいと思っています~
また別の花達の姿が見れますよね
a0271502_16261583.jpg

ノビネチドリ
ランの仲間なんですね~可愛い花がたくさん付いています
a0271502_16354710.jpg
a0271502_1630018.jpg

オドリコソウ
平野部で見かけるオドリコソウより、ドレスが淡くてフワフワした感じに見えます・・・
a0271502_1635329.jpg

ヒメウツギ
a0271502_16365621.jpg

a0271502_16375834.jpg

ホオジロ
「ここまでは来れないでしょっ~」 と言っているみたいに、見上げている間は飛び立つことなく
気持ち良さそうに爽やかなさえずりを響かせていました。

イヌワシの姿を写真に撮らえようと、大砲のようなカメラを構えた方も見かけました~

a0271502_16514798.jpg

山頂から続く遊歩道の終点(始点?)の山頂駐車場はドライブウェイの終点でもあります。
ドライブウェイの営業時間は春季は8時~20時 夏季(7/15~8/31)は3~21時 
秋季は8~20時
利用料金 自動二輪車2100円  軽・普通自動車3000円!
関ヶ原ICから約2km 車で10分

a0271502_17165076.jpg

伊吹薬草の里文化センター内の「いぶき薬草湯」       ↑ショートヘアにしたひろりん
7種類の薬草が、さらしの袋に入れて浴槽に浮かんでいます。
お湯は深緑色で薬草の香りが漂っています~
「効くーーーーー」 という感じがします(笑)
伊吹登山のあとにはオススメです~
a0271502_17231876.jpg

(写真の上をクりックするとルーペが出て拡大されるのはご存知ですよね?)
a0271502_17235388.jpg

薬草湯でリフレッシュしてから望む伊吹山~

グッズ紹介
[PR]
by tekky521 | 2013-06-09 18:39 | 越前・近江の山 | Comments(2)

名古屋からの日帰り山歩きのご報告。庭のお花たちや、日常のひとコマも時々登場しま~す♪♫


by テッキー