テッキーの山歩き

tekky521.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

愛知池(あいちいけ)は、愛知県の日進市・東郷町・みよし市にまたがる愛知用水の調整池で、
正式名称は東郷調整池といい、尾張地方・知多半島に水を供給する愛知用水の水を貯水しています。


              *文末に、勅使が池、三好池のウォーキングコースも載せました




ウォーキングコースの地図

a0271502_14284595.jpg




反時計回りの標高図〈左回り)

a0271502_14285947.jpg





そして、1周7.4km(正確には7.415)のウォーキングコースがあります。
a0271502_16474255.jpg

a0271502_16521321.jpg



遠くに猿投山と・・・
a0271502_1648568.jpg



うっすらですが、恵那山が見えます~
嬉しいな~!
a0271502_1650182.jpg



秋の空。
a0271502_17482393.jpg



こちらは東郷町方面~
子供が小さい時は、ダンボールで草滑りをしました。
ワンコの落し物には参りましたが・・・・
空高く飛び立ち、急降下するヒバリの姿もよく見かけました。
a0271502_16563093.jpg



お忙しいことかと思いますが、今日はウォーキングにお付き合いくださいね。
a0271502_16582072.jpg



平成6年の国民体育大会(わかしゃち国体)のボート競技に使用され、現在も愛知県ボート協会が管理する漕艇コース(1000m・6レーン)が設定されています。
岸には、東郷ボートハウスもあります。
a0271502_1711819.jpg

a0271502_173572.jpg



車止め等で走りにくい箇所はありますが、全体としては自動車は完全にシャットアウトされ、景色もバラエティにとんでいます~
a0271502_1765675.jpg



季節を感じながら、爽やかな風が流れていきます~
a0271502_1772579.jpg

a0271502_1775941.jpg



ジョギング、ウォーキング、自転車の人。
みんなグルグルまわっています・・・
a0271502_179410.jpg



1キロごとに立札による距離表示があります。
a0271502_1795516.jpg



水鳥も見かけます~ 飛び出てくる魚を狙っているみたい・・・・
背筋が伸びて、姿勢がいいですね~見習いましょう!
a0271502_1710158.jpg

a0271502_17114823.jpg



名鉄豊田線
a0271502_17134623.jpg

a0271502_17141376.jpg




愛知牧場の手前にある、ウォーキングコース沿いの河童がいる建物、入ってみました→コチラ



道路を挟んで、愛知牧場があります。
a0271502_1715648.jpg



池の東側に東名高速の東郷パーキングエリアがあるため、ご親切にもこんな案内看板があります。
うなぎパイや赤福餅も買えますね!
愛知牧場にも歩いて行けます~
a0271502_17202233.jpg

a0271502_17213937.jpg

a0271502_17223654.jpg

あれっ!  サメもいる??
a0271502_1723840.jpg



ゴンスイ?
a0271502_17235057.jpg

a0271502_17245523.jpg

a0271502_17281199.jpg

池を見晴らせる堤防道路や森の中の道など景色を楽しみながら歩けます~
a0271502_17285267.jpg

a0271502_17311372.jpg



この日は高校生ボート部の練習試合のようでした。
a0271502_17324924.jpg

a0271502_17333121.jpg

a0271502_17342692.jpg

数年前の渇水の時は、対岸まで横断して歩いたことがあります・・・
水が豊かにあることは、幸せですね。
a0271502_17561864.jpg



スポーツの秋。こんな楽しい風景を見ながらのウォーキングもいいですね!
a0271502_17352879.jpg


もう10月。
収穫の秋。読書の秋。食欲の秋。
充実した秋をお過ごしください~




ウォーキングコース 
2016.9
豊明市 勅使池ウォーキングコースはこちら



みよし市 三好池トリムコースはこちら



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by tekky521 | 2013-09-30 18:03 | 公園等 | Comments(4)

乳岩(ちいわ)峡

乳岩峡(ちいわきょう)は、豊川支流の乳岩川に位置し、鳳来峡より更に内陸部にある全長4kmの峡谷で、国指定の名勝及び天然記念物となっています。

名前の由来はこの峡谷のシンボルでもある乳岩山で、標高670mにも及ぶ岩山です。
その一帯を乳岩と呼び、洞窟が多く見られます。
a0271502_925760.jpg



乳岩までは、駐車場から徒歩約15分。
乳岩を周遊するのに約30分です。
a0271502_933229.jpg

大きな石や太い木の根、苔むした岩もあるのでサンダルは危険です~
運動靴で臨んでくださいね。


乳岩川に沿う約3キロの峡谷を乳岩峡と呼び、その奥に乳岩山があります。
a0271502_965071.jpg



乳岩峡一帯は流紋岩質凝灰岩で、河床は平坦な一枚岩のように見えます。
清流が所々滝となり、ポットホール(甌穴)をつくり、「さじき岩」と呼ばれる段丘となります~
a0271502_9221945.jpg

a0271502_92329.jpg


赤い実
a0271502_9255642.jpg



少し暗い樹林帯に入ります~
a0271502_9265354.jpg



美味しそうなきのこ
a0271502_928090.jpg



入口から約15分歩くと、巨大な「乳岩」が姿を現します~
a0271502_93226.jpg

a0271502_9453687.jpg



鉄製の階段を上がって行きます。
a0271502_9495386.jpg



入口から約20分で、
「乳岩」と「明神山」の分岐点があります。
「乳岩」は左へ~
a0271502_9513615.jpg

「乳岩」を散策してからまたここに戻り、明神山を目指しました~


食べれそうなきのこ
a0271502_9545018.jpg



入口から約30分 「乳岩」の簡略図 
一部、道がわかりにくいところがあって、カメラに収めたこの地図で確認しました・・・
a0271502_955466.jpg

見上げれば「乳岩」・・・
a0271502_1012549.jpg



岩に書かれた指示に従って見ると、大岩の隙間に階段があります~
a0271502_10123359.jpg


狭く、急な階段です。
a0271502_10135822.jpg


上手に積んでありますねー!? 岩の隙間をくぐっていきます~
実は、こんな狭い所は苦手です・・・・
a0271502_10151275.jpg



また階段を上がります~
a0271502_1017972.jpg



簡略図の看板から12分
ここが乳岩山頂付近になります。石のトンネルが見えます・・・・
a0271502_1018596.jpg



通天門
a0271502_1020352.jpg



通天門から臨む、明神山~
神様の粋な計らいですね!
a0271502_10215728.jpg



通天門をくぐって行きます。
見上げると・・・
a0271502_1025894.jpg

圧巻です!自然の力は偉大ですね~
できれば、この上を歩きたかった!


階段を下りて行きます。
シダが生い茂って、何か出てきそうですね~!
a0271502_17384895.jpg



可愛いきのこ
a0271502_17393624.jpg



自衛隊みたいな迷走柄のこの木は、「リョウブ」。 リョウブ林になっていました。
芽はリョウブ餅に入れるそうですね。
a0271502_1740910.jpg

山に詳しい知人の『樹木の勉強』で習いました。
しばらく休講中です~ また再開お願いします。


洞窟がありました~
a0271502_1744370.jpg



スズメバチの空き家と、
a0271502_1745204.jpg



遠くからはコウモリに見えたつる性の植物。
a0271502_17463540.jpg



乳岩に沿って歩きます~
a0271502_1749249.jpg



簡略図の看板から30分 階段の上に乳岩最大の洞窟があります。
a0271502_17495243.jpg



凝灰岩中に含まれる石灰分が溶け出して天井部に乳房状の鍾乳石を作っており、乳岩の由来となっています。
乳岩の洞窟にはたくさんの観音様が祀られています~
a0271502_17512162.jpg

後で調べたら、子安(子宝)観音でした・・・・・
河床は平坦な一枚岩で、表面は滑らかです。


洞窟から外を眺めて。
a0271502_17574928.jpg



階段を戻ります~
a0271502_17595871.jpg



もう一度乳岩を見上げて~ 大きなパワーを感じます・・・
a0271502_1803228.jpg



ゆっくり散策して約45分間。 明神山への分岐点に帰ってきました。
いざ、明神山!
a0271502_1834597.jpg




これら一帯は天竜奥三河国定公園にも含まれています。
また、一帯は険しい岩山が多く鬼岩を中心として全国有数のフリークライミングのメッカとしても知られています~


長々とお付き合いありがとうございました。
[PR]
by tekky521 | 2013-09-27 18:26 | 尾張・三河の山 | Comments(2)
明神山(1016m)、乳岩峡登山口より乳岩峡を経て鬼岩、笠岩でロッククライマー達の勇敢な姿に圧倒され、胸突八丁と呼ばれる急登を越え、胸突八丁の頭までやってきました。
2013年9月22日 
10時06分  三ッ瀬登山道との合流点
6合目 「明神山山頂まで60分」 の看板があります。
a0271502_8474888.jpg


左方向にいったん下り、ゆるい起伏のアップダウンの繰り返しです・・・
巨大な岩や、鎖場をいくつか越えて行きます~
a0271502_848344.jpg



明神山、6合目より下はヒノキや広葉樹に覆われて展望のない登山道をひたすら登ってきましたが
木々の隙間から遠くの山に眺望が開けてきたり、天が明るくなってくると元気が出ます~
疲労感はありますが、木々達の楽しい声が聴こえそうですね~
a0271502_8494219.jpg


a0271502_850257.jpg



足元に可愛い花を見つけると、ほっとします~ ミヤマママコナ
a0271502_9255474.jpg



アキノキリンソウはどこにでも咲いていますね~
a0271502_927338.jpg

木漏れ日がスポットライトみたいで綺麗です~


鉄ハシゴで慎重に岩を登ります。
a0271502_852450.jpg



11時17分  馬ノ背
a0271502_8531681.jpg



馬ノ背に立つと視界が広がります~
鳳来湖方面

a0271502_920482.jpg


鳳来湖は宇連ダムの湖です~
a0271502_919233.jpg

東三河の主要水源となっていますが、この夏一時渇水状態になりました。
台風の降雨で現在の貯水率は40%程度に回復しました。
東三河の渇水の背景には、狭い豊川の特性や、高山がなく雲ができにくいという地形的要因があるようです。


霞んでいますが南アルプス方面
a0271502_935933.jpg



馬の背はあっという間で、また樹林の中に入って行きます~
a0271502_971852.jpg



9合目 「あと150m」
a0271502_9303640.jpg



あはは~ ♫音符♪みたい~ ナルコユリ ♪♪♪
a0271502_9315732.jpg

可愛いですねー


ここも登って行きます~随分高度が上がった感じがします。
a0271502_935166.jpg



空が見えて来ました~
山頂はもうすぐ・・・木々のパレットには秋色が置かれ始めました。
a0271502_936237.jpg



赤い階段は山頂展望台です!
a0271502_9372493.jpg



11時37分 山頂三角点
a0271502_9389100.jpg



信仰の石碑が祀られています。
簡易トイレも設置されていました。
a0271502_9385991.jpg



展望台からの風景~
a0271502_9405626.jpg

a0271502_9421981.jpg


南  奥三河の山々。山のずーっと向こうは浜名湖です・・・・
a0271502_943498.jpg



北  長野県方面
a0271502_9465232.jpg



秋の空 午後になると雲が増えます。
何種類かの雲が、形を変えながら流れて行きます~
a0271502_953463.jpg



展望台で約1時間休憩、昼食。
小さな黒い虫(網戸も通るサイズ)が群れをなして舞っていました。
おにぎりのトッピングになっていました(笑)
kinchoの携帯用虫除けを持っていましたが、効果の程は・・・・
ハッカ水を身体にスプレーしている人もいました。


12時35分 下山開始
平成6年の愛知国体の際に登山競技の会場になったので、標識や階段、鎖場など手入れされているようです。
a0271502_100456.jpg

乳岩峡登山道ではあまり人に出会いませんでしたが、山頂には30人余の人がいました。
乳岩峡登山道は一番長いコースで、三ッ瀬登山道から来た人が殆んどのようでした。

15時10分 駐車場到着

帰り道の途中、車で10分程の道路沿いにある、
奥三河 湯谷温泉 「鳳来ゆーゆーありいな」
広く開放的な露天風呂は、遠くの山々を眺めてゆったり過ごせます~
疲れた身体を癒すには温泉が一番ですね!


往路 乳岩峡廻りで約4時間   復路 2時間35分

後日、乳岩峡も見てくださいね♪
[PR]
by tekky521 | 2013-09-25 20:02 | 尾張・三河の山 | Comments(2)
明神山(みょうじんさん、みょうじんやま)は、愛知県北設楽郡東栄町と新城市の境界にあり、木曽山脈の南端に位置します。
この山を含む周辺にある山々は「設楽山地」と呼ばれ、明神山(1016m)は、累々と連なる奥三河の山の中でひときわ鋭い山容を見せます。
かつては信仰登山の対象でもあり、三ツ瀬明神山とも呼ばれます。


            (2015.10.25 平山明神山はこちら)



登山道は、北側山麓の柿野からの登山道、三ツ瀬からの登山道、南側山麓の乳岩峡からのルートがあります。
高速道路からのアクセスの良さと、国の天然記念物に指定されている乳岩(ちいわ)峡一帯を廻りたかったので、乳岩峡登山口から目指しました。

a0271502_10131776.jpg

            山頂付近は秋の彩りが始まっていました~

2013年9月22日(日曜日)
東名高速道路三ヶ日JCT(6時05分)から新東名浜松いなさ北JCTを連絡する三遠道路を経由して、鳳来橋(6時25分)を渡ります。
6時40分 乳岩峡駐車場到着
a0271502_10261335.jpg

乳岩峡はロッククライミングが盛んに行われ、駐車場はクライマーの車でいっぱいになるようです。
でもクライマーは手前に、登山者、観光ハイキングの車はどうぞ奥まで乗り入れて下さいと親切なクライマーの方が教えてくれました。

7時08分 乳岩登山口からの往復です。
a0271502_10312790.jpg



一枚岩のような流紋岩質の川床に驚きました。
透き通った、とても綺麗な流れです~
ここを歩いて行くのですが、靴を脱いで通りたい気分です。
a0271502_1037729.jpg



美しい流れには癒されますね~
下山時には、ここで水遊びをしている母子がいました~
a0271502_10352286.jpg



雑木林の登山道は、巨石が沢山あります。
岩には鉄の階段やはしごが掛けられています~
a0271502_10395819.jpg



15分程歩くと、巨大な岩塊の乳岩が望まれます。
a0271502_11365277.jpg



7時33分 乳岩と明神山の分岐点。
乳岩に寄ってから山頂を目指しましたが、乳岩の更新は後日にします。(長くなってしまうので・・・)
明神山方面に進めま~す。
a0271502_10462728.jpg

乳岩の周辺散策で約1時間。
下山時に、「先に寄っておいて良かった・・・」と思いました。
登頂後では、体力が残っていないのでおそらく寄れなかったと思います・・・


8時52分 一服の岩   少し休憩。
a0271502_10492216.jpg



木漏れ日もあまり射し込まないような、樹林帯をジグザグに登って行きます。
シダが生い茂って、恐竜が出てきそうでした・・・
a0271502_10553917.jpg



9時23分 小さな沢を渡ります~
透明に澄んだ、冷たい流れです。
a0271502_1101199.jpg



9時36分 高さ数十メートルはありそうな鬼岩が、威嚇するようにそそり立っています。
a0271502_1132828.jpg

a0271502_1144039.jpg



勇者達のたくましい姿・・・
a0271502_1172884.jpg

しばらくクライマーに見とれていました・・・
a0271502_1182024.jpg



鬼岩の麓は、ちょっとした広場のようになっています~
a0271502_11123784.jpg

a0271502_1113839.jpg



巨大な笠岩でも、20人程の若い男女のクライマー達が腕を磨いていました。
a0271502_111414.jpg

a0271502_11152986.jpg


ジグザグに黙々と巨石を巻いたり、超えたり・・・

9時35分 尾根上に出ると、木立の隙間から山頂が見えます~
ここからまだ1時間半は、かかります。
a0271502_11173261.jpg

a0271502_1118407.jpg



木の根が張りめぐされた道や、
a0271502_11192971.jpg



自然の造形作品を愛でながら・・・・
a0271502_11353653.jpg



10時02分 胸突八丁 急登を登って行くことになります~
a0271502_11205927.jpg

木の根や大きな岩を登り、展望も開けない急登をひたすら登ります。
a0271502_11235942.jpg

a0271502_11243341.jpg



10時30分 胸突八丁の頭
a0271502_11494567.jpg
  
a0271502_11251064.jpg

標高差200m程あるそうで、結構な急登でした・・・


ここで休憩はとりませんでしたが、長くなりましたので続きは明日にします。
お付き合いありがとうございます~




余談ですが・・・・・
カトレアの小さい鉢にも蕾がありました
こちらは初めての花です~
[PR]
by tekky521 | 2013-09-24 20:25 | 尾張・三河の山 | Comments(2)
矢勝川(やかちがわ)は、愛知県知多半島を流れる阿久比川水系の二級河川です。
半田池を水源池とし、岩滑新田と岩滑の町の北側を流れ、阿久比川に注ぎます。
「ごん狐」では、兵十がはりきり網を仕掛ける川として登場します。

2013年9月23日(秋分の日)
矢勝川堤には、東西約1.5kmにわたって200万本もの彼岸花が咲き乱れます。
a0271502_17281976.jpg



全体の6割ほど・・・
色あせたり、もう終わった花も多く、今週中が見頃かと思われました。
例年よりもかなり速いペースです。
昨年のピークは遅めの10月4日~5日頃でしたが、今年は早かったのですね。
a0271502_17305453.jpg



平成2年から矢勝川の堤防に彼岸花の球根を植える「ヒガンバナ百万本計画」が進められたそうです~
県道阿久比半田線方面から川沿いに歩いています~
お時間のある方はお付き合い下さいね。
a0271502_17335965.jpg

a0271502_17345991.jpg



奥に見えるのはででむし広場のすべりだい~
a0271502_1737024.jpg



カメラマンがいっぱい・・・
a0271502_17373582.jpg

a0271502_1738148.jpg

a0271502_17382771.jpg

a0271502_17395399.jpg



ここ半田市は童話作家、新見南吉氏の生誕の地です。
「ごんぎつね」「手袋を買いに」「でんでんむしのかなしみ」「おじいさんのランプ」など・・・
a0271502_1742945.jpg


真っ赤な彼岸花の後ろには、黄金の稲~
a0271502_175246.jpg
a0271502_1745431.jpg

a0271502_17462690.jpg

a0271502_17465758.jpg

a0271502_17474147.jpg


お午がすぎると、ごんは、村の墓地へいって六地蔵さんのかげに
かくれていました。いいお天気で、遠く向うにはお城の屋根瓦が光っています。
墓地には、ひがん花が、赤い布のようにさきつづけていました。
「ごんぎつね」より
a0271502_1753585.jpg

a0271502_17535494.jpg

a0271502_17544484.jpg



東橋(ごんの橋)付近には、テントが張られ地元のお菓子やお弁当などが販売され
マツバボタンも綺麗でした~
a0271502_17583036.jpg



a0271502_17592434.jpg

a0271502_180675.jpg


入り組んだ花でも、蜜の場所がちゃんとわかるんですね~
a0271502_1864667.jpg

蝶が来ると、カメラを抱えた人達が吸い寄せられてきます~


a0271502_1881746.jpg

a0271502_1884726.jpg


白い品種も植えられていました
a0271502_1894315.jpg

a0271502_18102464.jpg

a0271502_21324271.jpg


a0271502_18112675.jpg

a0271502_1812834.jpg



新見南吉氏が育った半田市岩滑(やなべ)地区には、生家、養家、墓など南吉氏ゆかりの建物が今でも残されています。
童話「ごんぎつね」の舞台でもある中山の地には「新見南吉館」が建てられ、南吉童話の世界に誘ってくれます~
[PR]
by tekky521 | 2013-09-23 18:24 | 公園等 | Comments(2)

朝の風景

9月も半ばになりました。週末の度に天気が悪かったり、都合も悪かったりして、今月はまだ山歩きに出掛けていません。
ロコモティブシンドローム予防のためにも、ジョギングを始めてみました。
初日は往復2.5kmです。
早朝。日の出の頃には帰らないと、朝の家事が待っています・・・・・

 *加齢や生活習慣が原因で足腰の機能が衰える「ロコモティブシンドローム」 
  進行すると介護が必要になる可能性が高いとされています。


クズの花が綺麗です。
秋の七草の一つですね~
a0271502_13272076.jpg


クズの花の下は、通勤・通学時間には多くの人が行き交います。
疲労気味のサラリーマンのため息、高校生の恋バナ・・・黙って聞いているのでしょうね。
a0271502_13301432.jpg






ここはエノコログサが生い茂っています。
コオロギとその仲間達の夜通しの音楽会は、まだ継続中でした。
a0271502_13305386.jpg



歩道の脇のオシロイバナ。
赤、シロ、黄色、赤白混合、水色の小さな朝顔も咲いています。
a0271502_13322279.jpg



みんなが帰宅で通るときは、甘い香りが漂っているはずです~
少しは癒されるかな・・・・・
a0271502_13394119.jpg



栗も実っています。
a0271502_13403975.jpg

この付近に住む高齢女性の方が言ってみえました・・・
「ベッドから眺めるこの景色は、軽井沢みたいよ~」って。
この栗の木の奥にも、様々な樹木が茂っています。またの機会に・・・・


県道も、朝は歩行者天国みたいですね~
a0271502_1341132.jpg

通勤時間には渋滞です。


公園に人影はありませんでした・・・
きっと、ワンコのお散歩コースではないのですね。
a0271502_13423382.jpg



「ボーボー」とウシガエルの鳴き声が響く池。
時々バス釣りの男の子も見かけます~
a0271502_13531844.jpg



入ったことがないカフェの前。
いちじくもココアも好きですが、一緒にしたことはありません~
味の想像もできませんねー
a0271502_13465635.jpg



辺りにはまだ人影が見られませんが、ここはもう一日が始まっていました。
a0271502_1349557.jpg

人口200万人の都市でも、こんなのどかな風景が~
週一回、奥様達の交流の場にもなります。


6時04分 今朝の太陽~
今日も一日、家族みんな元気に過ごせますように・・・・・
a0271502_1351157.jpg



今夜は満月の「中秋の名月」、次は東京オリンピック開催の翌年、つまり8年後だそうです。

地球には一つしかないお月様~
満月を見上げるいろいろな人の想いを、平等に聴いていてくれるお月様は偉大ですね。

ジョギング3日目
[PR]
by tekky521 | 2013-09-19 18:10 | | Comments(2)

高校生

新しい学年になる度に、
「このクラスでうまくやっていけるか自信がない・・・」なんて言う娘は
毎年2学期にもなると、
「もうクラス変わりたくない。ずーっと、この仲間といたい・・・」 に変わります。
そして今年は、
「卒業したくない・・・」

a0271502_21212568.jpg


弾けるような笑顔の子供達の姿を見ると
とても幸せな気持ちになります。
健康と、普通に流れる時間に感謝・・・

「高校時代の仲間は、一生付き合える友達になると思うよ。」 

文化祭。
娘の姿に感激しながら、
いつの間にか自分も高校時代にリンクしていました。


台風接近で蒸し暑い日でしたが、
爽やかな風が通り抜けていくような一日でした。
[PR]
by tekky521 | 2013-09-14 21:35 | 家庭 | Comments(2)
緑化センター(鶴舞公園内)の名物をご紹介します。
鶴舞公園シリーズ(シリーズだったの??)第3章です~


酔芙蓉(スイフヨウ)園は、鶴舞公園内緑化センター横にあります。
アーチはノウゼンカズラで造られています~
a0271502_1065069.jpg

a0271502_1092379.jpg

わずか一日の間に、白、ピンク、紅色と
花の色が変化していく「酔芙蓉(スイフヨウ)」
まるでお酒を飲んで酔っている人間のように、
豊かな表情を日々見せてくれています。


ほんのりピンクでほろ酔いかげん~
a0271502_10121172.jpg

a0271502_10131798.jpg

a0271502_10134999.jpg



薄いピンクに色付いています。
今何時頃でしょう~か!
a0271502_10143220.jpg

a0271502_10145744.jpg



空や影の様子からもわかりそうですね。
a0271502_10192099.jpg



只今、12時半。
a0271502_10194825.jpg



くしゃくしゃっとなった、花の終わりも可愛いですね~
この後、夕方に近づくにつれて酔がまわって、花の色はもっと濃くなります。
a0271502_1021926.jpg



これは種類が違いました。蜂は気に入ったみたいです~
a0271502_10152220.jpg



緑化センター、月曜定休・・・
a0271502_1029711.jpg



コダチ芙蓉も咲いています
a0271502_10302748.jpg

高気圧に覆われて、カラッとした心地よい晴天です。


イネ科のパンパスグラス
a0271502_103217100.jpg



鼻がムズムズしてきませんか・・・
a0271502_1033960.jpg



花壇の中央には、鮮やかなカンナが咲いていました。
a0271502_1034324.jpg



都会の真ん中とは思えませんね。
陽射しはまだ強いですが、木陰に入ると涼しくて気持ちがいいです~
a0271502_10353185.jpg



木陰の下は、第一線から退いたおとーさんたちの憩いの場になっていました。
a0271502_10374812.jpg

のどかですね・・・

a0271502_10532192.jpg


秋の気配がいよいよ高まってきました。
そろそろ夏の疲れがドッと出てくる頃ですね。
手が乾燥し始めたので、ハンドクリームも使うようになりました・・・

季節の変わり目、体調を整えてお過ごしください。
[PR]
by tekky521 | 2013-09-10 23:02 | 公園等 | Comments(2)

カナヘビ

昨日は一日曇り空だったので、庭の草取りなどをしてみました。
ところで、日々何気なく使っている「曇り」ですが、気象庁の定義があります。
雲量が1以下の場合を快晴、2以上8以下を晴れ、そして、雲量が9以上の場合を曇りといいます~
・・・空のどこで区切るのかな。

地面に近い視野での草取りは、思わぬ場面に遭遇することもあります。

カナヘビの捕食の瞬間です。
逃げ足も遅そうで、ジューシーな獲物ですね。
a0271502_11255156.jpg



「やっぱり刺身に限る!
ナニ、こっち見て・・・横取りしないでね。」
a0271502_1127598.jpg


今、食道通過中~
a0271502_11281676.jpg



「おいちかった!」 舌は先が二又になっています~
a0271502_1131329.jpg



「さて、次のエモノ、獲物・・・今度はパリパリした歯ごたえの奴がいいなぁ~」
a0271502_11283912.jpg



「ついてこないでね!」
a0271502_11382648.jpg


私の周りには、トカゲ、イモリ、ヤモリの区別がつかない人がたくさんいます(笑)
「なんで。全然違うよ~」なんて、説明することも度々あります。
カナヘビは爬虫類でトカゲの仲間。日本固有種です。
長いしっぽが自慢です。餌付けもできるんですよ!

さあ、草取り再開・・・
サオトメカズラ~
a0271502_1134594.jpg



今日は朝からしとしとと雨が降っています。
東京オリンピックの話題で、雨降りでも活気づいた感じがしますね。




おまけ
超ちっちゃいカタツムリ~
a0271502_1251424.jpg

a0271502_1254187.jpg

大きく育ってね。
[PR]
by tekky521 | 2013-09-08 12:11 | 家庭 | Comments(2)
宮崎駿さんが第一線から退かれるとのことです。
いつも作品の中心には、世界中のこどもたちの心がありましたが
我が家のこどもたちも、幼児期からずいぶんとお世話になってきました。
中には、過激な描写が問題とされた作品もあったようですが
こどもたちに伝えるメッセージ性が好きだったので、安心して一緒に見てきました。
環境汚染、自然保護、野生動物との共存・・・大きなテーマです。

登場する女の子はみんな芯が強く、何かを守ってきました。
男の子は優しく、ヒロインを守ります。

           姪甥に譲ってしまって、残っているのはこれだけでした・・・
a0271502_9261914.jpg

私自身も宮崎駿さんの作品が大好きで、きっかけは『未来少年コナン』でした。
(古くマイナーな作品ですが、私にはストライクでした)
何年も前にビデオテープに録画したものを、幼児期の子どもたちとよく見ていました。
息子が小一の時、可愛い女の子に嫌がらせをする男の子を、コナンになりきってやっつけてしまい
少々大変だったこともありましたが、楽しい思い出です~

一つ一つの作品は偉大すぎて、説明やコメントなどできませんが
成長していくこどもたちの心には、確実に残っていることでしょう・・・・・

週末の度にお天気が今一つで、ブログタイトルとは若干かけ離れてしまいました。
『風立ちぬ』 まだ見ていないので、落ち着いた時間にしっとり見ようと思います~

追記  
[PR]
by tekky521 | 2013-09-07 10:00 | 家庭 | Comments(2)

名古屋からの日帰り山歩きのご報告。庭のお花たちや、日常のひとコマも時々登場しま~す♪♫


by テッキー