テッキーの山歩き

tekky521.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

1年半程前の冬、「挿し木です」と頂いたパッションフルーツの小さな苗はまだ根付いてもいなくて
植木鉢に挿した小枝状態でした。
(一度ひっくり返っちゃったから、根が付いていことが分かりました・・・)
その夏は成長しなくてそのまま冬を迎え、ほとんど諦らめていましたが
今年の夏も終わる頃目覚めて、秋だけど夏日・・・のお陰で先日開花しました~
パッション・・・情熱的な雰囲気がします~

a0271502_15504139.jpg



写真でしか見たことがなかったので、家の庭で開花してくれてとっても嬉しかったです~
a0271502_15511571.jpg

a0271502_15514660.jpg



勢いよく伸ばしていく蔓はクルクルです~
a0271502_15531628.jpg

a0271502_15582797.jpg



今朝は可愛いお客様が来ていました・・・
a0271502_15544539.jpg



蜜を舐めているのかな・・・受粉に一役かってくれました!
ヤモリが花に来るのは初めて見ました
a0271502_15552587.jpg

パションフルーツ・・・果実よりも花に魅せられます~



夏の終わり、園芸店でタダ同然で置かれていたトケイソウの切り詰めた苗を、買って育ててみました。
花が見られるのは来年かな・・・と思っていたら長く続いた残暑のお陰で、今朝開花しました。
この蕾は、朝焼けが綺麗だった今日の早朝の様子。
a0271502_1624291.jpg



そして2時間後~ アメシストとい名前のトケイソウです。
a0271502_1672130.jpg



神秘的で複雑な形をしていますね!
すっかり虜になってしまいました~
a0271502_1691279.jpg



そして1時間経過したら、花弁がグンと下がりました。
a0271502_1610971.jpg

a0271502_161222100.jpg



時計草が示すのは11時15分40秒・・・?
a0271502_1613434.jpg

a0271502_16203240.jpg


タダ同然で購入したトケイソウは、あと2種類あります。
a0271502_1623045.jpg



台風が接近中なので、鉢は家の中に避難します~
続く台風・・・被害が最小限になるといいですね・・・
[PR]
by tekky521 | 2013-10-24 16:30 | 家庭 | Comments(2)
越百山、南駒ヶ岳、空木山など木曽山脈(中央アルプス)登山口の手前に伊那川ダム(伊奈川とも書くようです)があります。
伊那川は、木曽山脈(中央アルプス)の最高峰・木曽駒ヶ岳に端を発し、南西へと流れ木曽川に合流する河川です。
急峻な地形に加え、冬の豪雪によって流量が豊富なので水力発電の適地とされ、
伊那川ダムは関西電力の発電用ダムです。

登山口まで急いでいたのにもかかわらず、その綺麗な水面に思わず立ち止まってしまいました。

伊那川ダム 落差43m
a0271502_14135721.jpg



ダム湖は透き通るエメラルドグリーン~
高く深い山々が創り出す水の綺麗なこと!透き通て底が見えています。
a0271502_14154733.jpg

a0271502_19265479.jpg



ここを素通りして、登山口に急ぐなんて勿体無い・・・
a0271502_19272645.jpg



でも、中央アルプスはやっぱり午前中が勝負!
足早にこの先の駐車場に向かいます~
a0271502_19305376.jpg



こんなのんびりした時刻に到着・・・駐車場はほぼ、うまっていました。
a0271502_19321179.jpg



夏の花が溢れる季節は終わりましたが、林道で見かけた
ダイモンジソウ(大文字草)  ユキノシタによく似た葉です~
下側の花弁が長くなっていて『大』の字に見えますね!
不思議な形です・・・
a0271502_19323529.jpg



イタドリの薄く白い種は、貝細工のようです。 シャンデリアみたい~
a0271502_19362692.jpg



藪の中に、黄色い花が目立っていました。
オオバミゾホウズキ??
a0271502_19383611.jpg

名前が違ったらゴメンナサイ


ブルーシートで覆われた車
a0271502_1939985.jpg

いろいろ想像して、怖くなりました・・・
中を確認したほうがいいのかな・・・もし・・・・・

「作業車でしょー」 と笑われました・・・


真っ白なキノコ
a0271502_19432544.jpg


まーるいキノコ
a0271502_19441429.jpg


マッシュルームみたいなキノコ
a0271502_19455365.jpg


シイタケみたいなキノコ
a0271502_2001135.jpg



ゴゼンタチバナの実?
a0271502_19463021.jpg



アキノキリンソウ
a0271502_1945929.jpg



シラタマノキ
a0271502_1949020.jpg



ヤマハハコ
a0271502_19581913.jpg



創り出せないような色が、綺麗・・・
a0271502_1953990.jpg

a0271502_19492721.jpg

a0271502_19495864.jpg



見納め、越百山(こすもやま)
a0271502_2152613.jpg

コスモで思い出しました。
来月にはアイソン彗星がやってくるそうですね!
見られるといいですね~


急に寒くなり、今年は秋が短いのでしょうか・・・
気温差が大きくて、体調を崩さないようお気を付けくださいね。
今夜は、今シーズン初『鍋料理』にしました。
身体の中から温まりました~
[PR]
by tekky521 | 2013-10-20 21:13 | 美濃・飛騨の山 | Comments(2)
越百山(こすもやま)1の続き、伊那川ダム側の登山道の往復です。

今朝沢林道から越百小屋までの経過~
2013年10月14日
 7:00 駐車場到着  7:19出発  8:05林道終点  8:52四合目 9:01痩馬の背
10:00展望台  11:35越百小屋


真っ赤にペイントされた越百小屋
a0271502_16385540.jpg

遠くからでも目立っていいですね


ワクワクするようなお手洗い
a0271502_16394082.jpg



越百小屋から望む越百山と左に南駒ヶ岳
a0271502_1642437.jpg
 
トイレを借りたりして約10分休憩~
11時43分 越百山を目前に小屋出発~


崩落現場
a0271502_16434377.jpg
 
足元、まだ少しずつ土が崩落しています・・・


登りが続きます~木々の雰囲気は今までと違いました
a0271502_1649033.jpg



12時15分
小屋まで15分の看板  小屋と同じ赤。
縦走時の下山ルートとして下る人が多いのですね、下山者向けの案内です。
小屋から登りでは約30分かかりました・・・・・・
a0271502_16562177.jpg



視界が広がってきました。
ガスも上がってきました・・・
11時25分
a0271502_16571436.jpg

a0271502_165816100.jpg

a0271502_1659964.jpg



山頂でも遠くの山々は見えないかも・・・
進行方向に山頂をずっと眺めながら、アップダウンを繰り返して・・・
a0271502_171027.jpg

a0271502_1714916.jpg



12時38分 ハイマツの中を這うようにして登って行きます・・・
辺りは真っ白・・・息も切れます・・・心拍も和太鼓状態。
a0271502_1724186.jpg



12時49分 着いたーー!越百山頂!(2613m) COSMO!!  小屋から70分。
a0271502_17115614.jpg

a0271502_17133731.jpg



視界は悪いですが、南駒ヶ岳方面・・・
a0271502_1714358.jpg

最高の眺望を楽しみに登って来ましたが、こういう時って笑ってしまいます~


a0271502_17173584.jpg

360度真っ白で何も見えませーん


13時30分 下山開始
三角点付近でお湯を沸かしている男性も、名古屋から来た人でした。
名古屋を3時に出発して、5時過ぎに南駒ヶ岳から登り、越百山から下山されるそうです。
同じく日帰りプランです~
a0271502_17202037.jpg



14時09分 再び越百小屋  約40分で下りてきました。
山頂を振り返って~   アレーー! 山頂晴れてるー!
a0271502_17241913.jpg

a0271502_17294883.jpg

ちょっと悔しい気もしますが、やはり午前中に登頂しないと雲が湧いてきます。
次回(来年)は、2時間ずつ早めたスケジュールで挑戦です~


15時06分 水場 朝は素通りしてきたので寄ってみます~
a0271502_17353912.jpg



こちらもチョロチョロ~ 美味しい水でした。
a0271502_17372522.jpg


少し薄暗く、曇ってきました・・・
a0271502_173963.jpg



もう夕暮れ~
下山途中で、相方さまにアクシデント発生で牛歩の下りとなりました・・・
a0271502_17412787.jpg



17時27分  林道まで来ました。
a0271502_17422166.jpg

登りは山頂までここから4時間のところ、5時間近くかかりました・・・
下りは4時間。

日が随分短くなりました。林道はライトを灯して・・・
不思議です~朝は気がつかなかった花の香りがします。
伊吹山の夜道でもそうでしたが、明るい時は視覚ばかり働いて嗅覚はサボっているのでしょうか・・・

18時 駐車場到着


越百山のピストンってあまり人気がないみたいですが、
本日のタイムテーブル・・・
7:00 駐車場到着  7:19出発  8:05林道終点  8:52四合目 9:01痩馬の背
10:00展望台  11:35越百小屋  12:49~13:30山頂
14:09越百小屋  16:41四合目  17:27林道  18:00駐車場

帰りの高速道路は大渋滞で、瑞浪まで19号で帰りました。
朝見かけた「栗きんとん大福」という、なんとも魅力的な看板のあるお店も閉まっていて
ガッカリ・・・
帰宅は21時半過ぎとなりました。



本日も長々と読んでいただきありがとうございます
台風の後から、急に寒くなりましたね
体調を崩されないよう、暖かくしてお過ごしください。



越百山 1
[PR]
by tekky521 | 2013-10-17 17:31 | 伊那・木曽の山 | Comments(2)

越百山の途中ですが少し休憩~

各地で台風26号の被害にあわれた方にはお見舞申し上げます。

今朝見た虹がとても綺麗でした。


尾張東部の暴風警報は、今朝5:45に解除されて我が家の子供たちの通う中・高校は通常通りの授業がありました。
警報は解除されたとはいえ、まだ強い風、横降りの小雨。
自転車通学している娘をバス停まで車で送る途中の6:50頃、大きな虹を見かけました。

a0271502_14355483.jpg


大きな虹なんて言って、小さい写真でゴメンナサイ・・・
5色ははっきり見えました。

虹って、どれくらいの範囲まで同じモノが見えるのでしょうね。
西北の方向に架かっていました。
虹の架け橋なんていうように、このコンビニの向こうにある山から
市街地に向けて橋が架かったように見えました。
いくつになっても、虹が見れると嬉しくなります☆彡

では、越百山の後半に続きます~
[PR]
by tekky521 | 2013-10-16 14:52 |
越百山は、長野県上伊那郡飯島町と木曽郡大桑村にまたがります。
標高2613m、こ・す・も・宇宙を連想させる名前が素敵・・・
越百山へ登るには、多くの峰(例えとして百もの峰)を越えていかないとたどり着けないということから、この名が付いたという説があります。
北には南駒ヶ岳、南は奥念丈岳へと続く木曽山脈(中央アルプス)南部の主稜線上にあり南北の縦走ルートになっています。(中央アルプス縦走ルート 木曽駒ヶ岳 - 宝剣岳 - 檜尾岳 - 熊沢岳 - 空木岳 - 南駒ヶ岳 - 仙涯嶺 - 越百山 - 南越百山 - 奥念丈岳 - 安平路山 - 摺古木山 - 大平宿)
木曽山脈主稜線の縦走ルートの他に、伊那側と木曽側の登山道があります。
伊那川ダム近くに登山口がある、伊那側の登山道の往復に臨みました。


2013年10月14日(月曜日 体育の日)

中央道中津川ICを降りたら右、木曽方面国道19号を北上します。赤い伊那川橋を渡り、須原駅付近で右折します。田光発電所を通ると狭い農道となり林道へと続き、道路脇に小さく遠慮がちに「登山口」の看板が所々に立てられています。入り組んだ狭い道なので、ナビがないと解りにくいですが「伊那川浄水所」を目指してたどり着きました。
伊那川ダムの少し手前では、カタツムリの殻の中を通るような湾曲したトンネルを通りました。
国道19号からは30分かかりました。
自宅を4時に出発しましたが、寄り道をしたり、伊那川ダムを見ていたりしたので駐車場に到着したのは7時でした。
早朝なので、名古屋からなら本当は2時間で行けます・・・
下山まで最終的にかなり時間がかかってしまったので、次回は自宅出発は2時!と心に決めました。



a0271502_11204694.jpg

                  ~越百小屋から望む越百山~


7時19分 登山口
駐車場は広く2段あり、各20台くらい停めれそうでした。トイレはありません。
a0271502_11263397.jpg



一般車両通行止め。登山者は右側のガードレールの隙間を通り抜けて行きます。
a0271502_11282655.jpg



今朝沢林道を約40分歩きます。
a0271502_11323329.jpg

a0271502_1133326.jpg

a0271502_11334417.jpg


8時05分 橋を3回程渡り、林道終点。
左は南駒ヶ岳、右は越百山~
a0271502_11352726.jpg

次回への教訓2・・・林道は暗くても歩けるから夜明け前に通過


越百山に続く登山道~
a0271502_11373850.jpg



8時09分 福トチ沢第一号谷止  野尻営林所 平成7年度 
a0271502_114055.jpg



谷止を過ぎると、急登の始まりです。
a0271502_11434917.jpg

a0271502_11444355.jpg

野鳥のさえずりが沢山聴こえます~
初めはチュッチュッと鳴いていますが、私たちに気がつくとジュジュッと警戒した声に変わります。君たちの領域で驚かせちゃったね。少し通らせてね・・・
a0271502_11452333.jpg


8時40分 水場 1
a0271502_11464316.jpg

降雨が少ないからかな・・・
いつも日帰り登山なので、水やお茶は一日分背負っています。
こういう水は利用したことがありません。
(実家に帰ると、こういう山水が生活用水ですが・・・)


朝日が当たって綺麗ですね~
a0271502_11495958.jpg



8時52分 4合目 林道終点の看板から約45分(看板の標示どうり!)
ここまで急な登りで結構疲れました・・・
a0271502_1152732.jpg


大きなヒノキ  元気を下さい~
a0271502_11525189.jpg



8時57分 しゃくなげの尾根
a0271502_11584166.jpg

根が張り詰めた狭い尾根。樹木の隙間からどうにか遠くの山が見え隠れする程度~
a0271502_11593475.jpg


シャクナゲ
a0271502_12485.jpg



次は痩馬の背   ホネホネ?
a0271502_121286.jpg


9時01分 痩馬の背  ナルホド・・・・
a0271502_1223947.jpg

芸術的にも見える木の根が張った、少し狭い尾根です。
硬い登山靴でごめんね・・・

くぐりました。強風で倒木?
a0271502_124472.jpg



エリート檜に絡んでいる、松の仲間の針葉樹・・・・枝の広がり方が~
どの角度から見ても・・・なんだか笑ってしまいました。
a0271502_126952.jpg

登山道は樹木に覆われて、展望はありません。
黙々と山頂を目指して歩きます・・・・

10時01分 展望台
a0271502_1285063.jpg



展望台? 木々の隙間から・・・
a0271502_1294598.jpg


a0271502_12111395.jpg


a0271502_1220261.jpg

樹木に遮られてあまり展望は良くありませんが、真っ青に澄んだ空です。
山頂は見晴らしが良く、東に赤石山脈(南アルプス)とその稜線越しに富士山、周辺の中央アルプスの山々、西に白山、御嶽山、乗鞍岳、穂高岳などを望むことができるそうです~
楽しみ。
登山口から約3時間経過。この先にある、「越百小屋」まで行けば後少し。
山頂での展望に期待して自分を励ましながら登って行きます~


街より早い、本格的な秋を感じて歩いて行きます~
a0271502_12211774.jpg



10時29分 水場2  ここは帰りに寄ってみましょう~
a0271502_12224898.jpg



樹木の種類や、風景が変わってきました。高度も高くなり、もうすぐ小屋かな・・・
a0271502_12234279.jpg



崩落現場
足元は少しずつまだ崩れています。帰りは少し狭くなっているかも・・・・・
a0271502_12241548.jpg



少し雲が出てきたようです。 正午までには山頂に到着するのが目標です。
a0271502_12254574.jpg



11時34分 赤い屋根が見えます! 越百小屋です!
a0271502_12285819.jpg



長くなってしまうので、続きは後日~
登山行程も長くなってしまいました・・・出発が遅かったのが悔やまれます。

でも、「COSMO」の名前に惹かれてしまいますね~
来年も是非、チャレンジしたいと思います~




越百山 2
[PR]
by tekky521 | 2013-10-15 18:04 | 伊那・木曽の山 | Comments(2)
野口健氏 高校時代に植村直己氏の著書に感銘を受け登山を始める。
1999年エベレストの登頂に成功し、7大陸最高峰世界最年少登頂記録を25歳で樹立。
以降、エベレストや富士山で清掃活動を開始。
近年は地球温暖化による氷河の融解防止に向けた対策、日本兵の遺骨調査活動などにも力を入れている


環境保護に対しても地球規模に取り組んでいられる、まるで別世界の野口氏の生のお話を聴く機会がありました。
今まで取り組んでこられた富士山、エベレストでの活動について、「生と死」というテーマを交えながらの貴重なお話でした。
そして、著しく汚染されている各地の現状、現場の実体験を野口さんが感じられたままの表現での講演でした。
重いテーマにかかわらず、ユーモアを交えた楽しい講演会でした。(楽しいという表現が間違っていたらすみません・・・)

a0271502_17324984.jpg


冒頭17分は、野口氏と共に行動されているフリーカメラマンの方が撮影されたヒマラヤや富士山、フィリピンなどの現場の映像でした。
今の時代インターネットで検索すればどんな映像も見ることはできますが、「現場を見る」ということは現実を「知る」ということで全く意味が違う、と訴えられていました。

ヒマラヤではゴミ問題はもちろんですが、地球温暖化により氷河が溶け、湖となりやがて決壊し洪水となり、小さな村をいくつも襲い、犠牲者の亡骸もまだ葬られていないこと。

エベレストには、日本語の缶詰や食品のゴミも目立つこと。

富士山の樹海には、憤りを感じる程の産業廃棄物や医療廃棄物が大量放棄されていること。

戦没者の遺骨収集のきっかけは、野口さんの祖父が日本軍の参謀で
祖父から孫へと語り告げられた内容が印象深く、祖父の気持ちを受け止めたい・・・という気持ち。
戦争の体験談で生と死の極限状態を聴き、そして自分はエベレストで生と死の極限に立ち・・・

A4サイズの紙にたくさんメモを取りながら聴いていましたが、こちらには書ききれません・・・・

野口さんのされている活動には反感をかう方もおられ、行き詰まることも多々あるようです。
正義感だけでは続かない、自分の活動に酔いしれても行き詰まる・・・と語られていました。


今年7月に、野口氏の撮影された写真集が出版されました。
並んで購入している方も見えました。
嬉しそうな野口さん。
a0271502_17531336.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これでーす!
a0271502_17543674.jpg

並んでしまいました~

40歳。
殆どの人が立ったことのない場所に立ち、
殆どの人が目にすることのない、瞳に映った現実です。
でも、きっと「写真では伝わらないなーー」って思っておられるでしょうね・・・

a0271502_1821067.jpg


a0271502_1824288.jpg



・・・・人は「死」を感じなければ 「生」を感じづらい生き物かもしれない。
目を背けたくなるような写真があるかもしれないが、
これが僕にとってのヒマラヤなのだ。       本文より


(講演会覚書き)
[PR]
by tekky521 | 2013-10-13 18:15 | その他 | Comments(2)
愛知牧場は愛知県日進市にある、広大な牧草地です。
愛知池とも隣接して、名古屋近郊の手軽なお出掛けスポットです~
東名高速「東郷PA」からも出入りできます。
ちなみに「東郷PA」と言いますが、東名高速は東郷町域を通っていません~

2013年10月11日 コスモス畑の様子です
黄花コスモス
a0271502_19433086.jpg

a0271502_19442773.jpg



一面、黄色の絨毯が広げられたようです~
a0271502_19452824.jpg

a0271502_19455139.jpg

a0271502_19462086.jpg

a0271502_19465580.jpg

a0271502_19471939.jpg

a0271502_19474188.jpg



収穫のお祭り~大きなカボチャ!
a0271502_2015145.jpg



マリーゴールドは背が高いタイプ
風が強かったせいか、あまり香りは届きませんでした~
a0271502_19491573.jpg



マリーゴールド迷路が造られていました。
ひざ下くらいの高さなので、見えてしまいますね・・・
a0271502_19493258.jpg

a0271502_1951935.jpg



大きなトラクター!
タイヤの直径は私の身長くらいありました。
a0271502_1952046.jpg

ちょと乗ってみたいですね!


出番を終えた向日葵が、牧場を見下ろしながら夏を懐かしんでいるようでした~
a0271502_19533278.jpg



白、ピンク、桃色の秋桜畑~
a0271502_19554822.jpg

a0271502_19564353.jpg

a0271502_19571626.jpg



夕陽が透けて見えます~
a0271502_19582214.jpg



秋風に吹かれて乗馬の練習中~
a0271502_1959344.jpg

a0271502_201343.jpg

a0271502_202112.jpg

夏の向日葵からは、元気なパワーを感じますが
秋桜からは、優しさや思いやり、清純な心を感じます~
a0271502_2024296.jpg

a0271502_2052355.jpg

a0271502_206611.jpg



夕方が迫ってきます~
a0271502_207028.jpg

a0271502_2095224.jpg

a0271502_20102990.jpg

a0271502_2014451.jpg



秋の夏日は疲労感がつのりますね・・・
体調を崩されないように連休をお楽しみ下さい~
山でのキノコ狩りや山歩き、ハチとクマにはお気を付け下さいね。
[PR]
by tekky521 | 2013-10-11 20:25 | 公園等 | Comments(2)

金木犀と銀木犀

10月最初の日曜日は、まるで夏の陽射しのように暑い一日でした。
でも日は短くなり、街路樹も秋の気配に敏感な種類は、街に温暖系の彩りを添え始めました。
我が家の小さな庭でも、金木犀の優しい香りが漂っています。


お馴染み 金木犀
a0271502_17181268.jpg


a0271502_17225587.jpg



銀木犀
a0271502_17184382.jpg


a0271502_17193412.jpg



葉脈って、毛細血管みたいですね~
a0271502_17203820.jpg



銀木犀は金木犀より、少し香りが優しい感じです。
a0271502_17222170.jpg

住宅地では枝が外に伸びたりして、やむおえず剪定することもしばしばあります・・・


a0271502_19304327.jpg

花より団子(果実)!

キゥイフルーツは11月下旬頃までおあずけです~


オーソドックスな花達が続きます・・・  毎朝一番に「おはよう」をいう相手(笑)
ガーベラと夕霧草   ガーベラは5~6年冬を越しています
a0271502_17355114.jpg

ガーベラの葉は食べれそうですね

「おはよう~ 朝焼けが綺麗だったね~」
a0271502_19312077.jpg



「(^_^)/おはよー 今日は雲が多いね~」
a0271502_19321341.jpg



「ビタミンカラーで今日も元気だね!」
a0271502_19345572.jpg



「今日も可愛いカールだねっ!」
a0271502_19354287.jpg

さて、このカールは誰でしょう~


小さな鉢のカトレアが初めて開花しましたが、
陽射しが強かったのか、少し焼けてしまったようです・・・・ゴメンネ
a0271502_19364250.jpg




今日は、フリージアの球根を植えました。
春が楽しみです・・・
チューリップとアネモネの球根はまた今度・・・
来年の春は、一段とお花をたくさん咲かせたいと思うのは受験生の母だからでしょうか。
[PR]
by tekky521 | 2013-10-06 19:51 | 家庭 | Comments(2)

名古屋からの日帰り山歩きのご報告。庭のお花たちや、日常のひとコマも時々登場しま~す♪♫


by テッキー