テッキーの山歩き

tekky521.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

スズメバチの巣

 はじめに訂正から・・・
6月の投稿(紫陽花)で『トックリバチの巣』と書いたものがありましたが、
あれは『コガタススメバチ』の初期段階の巣でした。
大変失礼いたしました・・・

「トックリバチの巣 画像」で検索すると、似たような写真が満載(笑)
皆様、勘違いですぞよ・・・(^_-)-☆




これは『コガタススメバチ』の巣の初期段階
女王蜂が一人で作った巣です。
a0271502_8201215.jpg




ちなみに、『トックリバチ』の巣はこれ。(HPの写真お借りしました)
泥で作られています。
そういえば築150年の実家では、これが箪笥の引き出しや本棚の隅に作られていたんだった・・・
a0271502_8173369.jpg

  

週末も雨で、野山に出かけられないおかげで、庭の草取りに時間を費やしました。
6月、もう一つ木に残しておいたトックリバチの巣はどうなったかな・・・と見に行ったら(*_*)
びっくり仰天!!
トックリバチの巣と思い込んでいたソレは、スズメバチの巣になっていました!!


a0271502_8272610.jpg

直径20cm程度。
代表的なスズメバチの『コガタススメバチ』
軒下・樹木などに営巣しますが、性質は凄くおとなしいそうです。
営巣場所により、駆除する必要はないのですが、ここは四方住宅に囲まれた住宅地。
TVの影響により、依頼主が無駄銭を使い、駆除する必要のない蜂達まで駆除されています・・・
住宅地のくせに草を生やしちゃったから、ごめんね。
林と勘違いして営巣しちゃったね。
この場所での共存は無理みたい。申し訳ないけど、駆除させてね・・・


見張りのスズメバチ。
敵の襲来を確認すると、巣の中にいる働き蜂に指令を出します。
巣に気が付かず、草取りなんかして木を揺らしてしまうと襲撃されてしまいますね( ゚Д゚)!
a0271502_8442865.jpg




スズメバチの巣の駆除方法を、夫とネットで調べてみましたが知識のない素人では難しそう・・・
住宅密集地で下手に刺激して、ハチが大騒ぎしてご近所で何かあっても大変。

専門家に依頼しました。
『蜂駆除.com』さん
趣味ではじめた蜂の駆除屋(ボランティア)です。
ですから何処よりも低料金(ボランティア価格)で
どんな蜂でも引き受けます。
   HPより

テレビで見るような白い防護服で駆除かと思いきや、スラックスに半袖ワイシャツ、スニーカー。
そして素手。
刺激をしなければ近づいても平気なんだとか・・・なーんだぁ・・・

ノズルのついたスプレーで、出入口に蓋をしました。
まだ小さいこの巣は、出入口は一つ。
もう少し大きくなると、出入口は3か所くらい作るそうです。
a0271502_8522048.jpg



何かのスプレーを噴霧。殺虫剤かな・・・
a0271502_8544586.jpg

淡々と処理が進められていきます。
自分たちでやったら大騒ぎになっていたに違いない・・・
ハチの反撃はもちろんなし。


ほんの2分で撤去終了~
a0271502_922753.jpg


撤去後は、巣の後にハチが嫌うというスプレーを噴霧。
帰って来たハチが居すわらないように、景色を変える目的で木を簡単に剪定。

(・・・翌日の日曜日には一日中草取り、剪定をして見違えるほど綺麗にしました・・・)



成虫は50匹くらいいました。
女王蜂はお腹が長く、若干大きめ。
タマゴ、幼虫、さなぎ、成虫なり立て・・・
巣は木の皮とハチの酵素で出来ています。
キメが細かく綺麗な模様~
a0271502_9112015.jpg


まだ生きている幼虫は、ガシガシ、ガシガシ・・・かじるような音がします。
これは、餌を催促している音だそうです。
白い蓋の中には、成虫になりかけの真っ白なハチが入っています。
成虫になると、蓋をかじって出てきます。
正確な六角形のお部屋。優秀な設計士ですね~
a0271502_9104179.jpg



2階の住居はまだ作り始め・・・
a0271502_9275078.jpg



働き蜂は幼虫に餌(肉食)を与え、引き換えに幼虫が出す汁(酵素)をもらって吸うのだとか。
蜂駆除でいらしたWさんの蜂レクチャー、とにかく楽しかったです~(^◇^)
ハチの生態を熟知しているから、駆除もちょいちょい。
また機会があったら、この方にお願いしようと思いました。



本日の茗荷
手入れしなくても生えてくれます~
a0271502_938263.jpg



青々とした蜜柑
a0271502_939374.jpg



あちこちに咲く鉄砲百合
a0271502_940478.jpg


オシロイバナはオーソドックスなピンクが主流
a0271502_9414650.jpg


a0271502_9421624.jpg


トケイソウは毎朝代わる代わる開花しています~
a0271502_9441069.jpg





秋口になると、遠足等で集団で被害に合ったり、山歩きでも警戒するのがキイロスズメバチとオオスズメバチです。
今回のコガタススメバチよりやんちゃな彼ら。
山の中で出会ってもお手柔らかに願いたいものです・・・
[PR]
by tekky521 | 2014-08-25 10:35 | 家庭 | Comments(4)
お盆も過ぎて、秋の気配を感じますね。
今日は久しぶりに青空が見れました~
暑くてもやっぱり青空を見上げると、スキッとします。


八月はじめの話ですが、用事で京都方面に行ったので二条城だけ見て来ました。
御存じ、二条城は、徳川家康が慶長8年(1603年)に京の宿館として建設した平城。
徳川氏の京都での拠点となった場所で、幕末の1867年には15代将軍慶喜がここで大政奉還を行いました。
1994年には、ユネスコの世界遺産(世界文化遺産)に登録されました。
二条城は30年くらい前の修学旅行以来ですが、たぶん今の方がずっと興味深いです~

時代が大きく変動した瞬間。
自分がその時代に生きていたら・・・多分一平民。
誰が国のトップに立とうがお構いなし、今日のおまんまが頂けたら文句なし、の都からは遠く離れた貧しい農村の嫁でしょうね。
い~え。大奥筆頭?! 徳川将軍何某の正妻?!です!!・・・きっと(笑)


江戸時代、第一村人は近づくことさえ出来なかった、もしかしたら存在すら知らなかった二条城にタイムスリップ~(#^^#)



唐門
お堀に掛けられた橋を渡ると、門をくぐります~ 
a0271502_1024252.jpg



唐門(からもん)を入ると鮮やかな色使いで豪華に装飾された車寄が目に入ります。
欄間彫刻は表と裏のデザインを変えていて、表側には五羽の鸞鳥(らんちょう)・松・牡丹(ぼたん)、雲、笹があしらわれています。
a0271502_10263466.jpg

a0271502_10264691.jpg

a0271502_10272341.jpg



二の丸御殿
江戸時代の武家風書院造りの代表的なもので、車寄(くるまよせ)に続いて6棟が東南から北西にかけて雁行に立ち並んでいます。
建物面積3300平方メートル、部屋数33、畳は800畳あまり敷かれています。
中はとにかく広いです!
a0271502_10275614.jpg



城内は撮影禁止です。
ここで待っていてね。
a0271502_10284410.jpg

a0271502_10285620.jpg



二の丸御殿には、車寄側から、遠侍・式台・大広間・蘇鉄の間・黒書院・白書院が雁行型に連なっています。白書院(大名の寝室)を除くとすべての棟の内部が、金箔をはった画面に鮮やかな障壁画が装飾されています。
障壁画(ふすま絵)は、幕府御用絵師であった「狩野探幽(かのうたんゆう)」をリーダーとする「狩野派」という絵師集団によって制作されたものです。


15代将軍慶喜が諸藩の重臣を集め、大政奉還(たいせいほうかん)を発表した歴史的な部屋は、「一の間」(48畳)「二の間」(44畳)。
将軍が諸大名と対面した部屋で二の丸御殿の中で最も格式の高い部屋です。
 
素人ですが、歴史的な建築物の中にいると、厳かな気持ちになりました。
本当は、広い広い畳のお部屋「一の間」に上がってみたかったのですが・・・


二の丸庭園は、お城の周りをぐるりと歩けます。
a0271502_1035427.jpg



外から見た、大広間一の間・二の間の位置
a0271502_10364996.jpg



a0271502_103743100.jpg



a0271502_10393658.jpg



池の水を抜いて調査中でした。
a0271502_1040257.jpg


a0271502_10404878.jpg


a0271502_1041022.jpg



外から見た、将軍の寝室「白書院」
将軍の居間・寝室だったところです。内部の装飾も大広間や黒書院とは趣向が異なっています。
絵画は、寝室、居間にふさわしい水墨山水画が描かれています。
a0271502_10391361.jpg


・・・外から見ると、どの部屋もこれといって変わりがありませんでしたね・・・(._.)



次は本丸御殿
本丸御殿 内堀に囲まれた部分20,000平方メートルを本丸と呼びます。
a0271502_10413911.jpg


お堀
水鳥はいませんでした。鯉が泳いでいました。
「あれ、亀だよね!」と若い女の子が指差していたので、つられて見たら亀じゃなくて帽子が浮かんでいました。
a0271502_10421341.jpg



天守閣跡
本丸には五層の天守閣がそびえていましたが、1750年落雷のため焼失、さらに1788年には市中の大火のため殿舎をも焼失してしまいました。
a0271502_10424515.jpg



天守閣跡からの風景
大きい山は比叡山、その手前右には大文字山~
a0271502_10433735.jpg



この前、歩いたところ(#^^#)
a0271502_10441561.jpg



多くは外国の観光客のようでした。
私たちも、そう見えたかも・・・(笑)
随分前、国際線で日本語で紅茶か珈琲か聞かれたときに、すぐに答えなかったら
「tea or coffee?」って聞かれました。
多分チャイニーズだと思われたのですよねー(笑)
「coffee please」って答えました・・・
a0271502_10452599.jpg



天守閣跡
a0271502_1046444.jpg



現在の本丸御殿は、京都御苑今出川御門内にあった旧桂宮邸の御殿を、明治26年から27年にかけて本丸内に移築したものです。
a0271502_10464837.jpg



皇女和宮が14代将軍家茂に嫁がれる前、約1年8ヶ月にわたって住まわれた建物です。
a0271502_1047268.jpg



お堀の上に天守閣跡が見えます~
a0271502_10474864.jpg



散策路から出入口に向かう通路には、「しだれえんじゅ」が咲いていました。
淡い黄緑色のマメ科の可愛いお花です~
a0271502_10482671.jpg


a0271502_1048454.jpg



庭園を出たころから、曇り空がさらに暗くなり、風も吹いて来ました・・・。
「すぐに降り出すよ、ザーっと来るから急ごうよ・・・」と、駐車場に急ぎましたが
間もなく、大粒の雨がザーッと降ってきました。
木陰で雨宿りをしていたら、若いカップルの女の子が
「さっき、おねーさん(気を使ってくれたみたい・笑)がザーッと降るって言ってたの聞いていました。当たってびっくりです!」と傘を差しだしてくれました。
「ありがとう。でも通り雨で、きっとすぐ止むから・・・」
雨は5分もしないうちに止みました。
あの子、またびっくりしてくれたかなー(笑)


この8月3日の天候も、不安定でした。
この夏は梅雨が明けてからも前線が停滞して、特にお盆前後の数日は荒れた天候が続いています。
海や河川、山でも悲しい事故が絶えません・・・
自然には逆らえませんが、空のご機嫌や表情を敏感に感じ、急な天候の変化に的確な対応ができる力を身に付けたいだすね。




[PR]
by tekky521 | 2014-08-18 17:24 | 関西 | Comments(2)

モクモクセンター

終日雨のお盆休み、モクモクセンターに出かけました。
『加子母森林組合 モクモクセンター』は岐阜県中津川市加子母(かしも)の県道257号沿いにあります。
店内に入ると、ふわーんと木の優しい香りが漂います~
檜のおひつ、しゃもじ、お椀、My箸造りや、風呂桶、木のおもちゃ、花器、ベンチや机・・・
目移りするような木工製品が並んでいます。
奥には林業機械や資材も置いてあります。
                                     (8月14日)
a0271502_11133787.jpg


私はここが好きなので、時どーき寄っています。
檜のおひつ。夏は、炊き立てアツアツご飯より、一度おひつに移したご飯が美味しく感じます。
いろんなサイズもあって見ているだけで楽しくなりますが、現実に返ってシュミレーションしてみると、色々なゆとりがないことに気が付いて「おひつ生活」は順延。

檜のお弁当箱。理想的ですが、息子に持たせるのは汁漏れしそう・・・(笑)毎食お弁当箱のご飯にしようかしらね・・・

あれれ??下駄がないのは売れちゃったのかな・・・


小さな資材もあって、庭に巣箱を作ろうかな・・・玄関先の足置き台・・・
結局、この日買ったのは小さな日用品で、お恥ずかしいのでお披露目できません(笑)

小一時間、お店の中でアレコレ見ていたら、小学生の男の子がお母さんに急き立てられるようにやって来ました。
夏休みの自由工作に困って訪れたようでした。気に入った作品が作れるといいね(^^)/





稲穂も実ってきました。
もみ蒔き、苗代から刈り取り、乾燥まで父の手作業。
高齢の父に感謝の想いです・・・
a0271502_1133472.jpg


a0271502_11331771.jpg





おまけの定点写真~
上流の雨続きで、飛騨川も増水していました。
a0271502_11395212.jpg

このずっと上流では、濁流の中、鮎かけをしている人を見かけました・・・


雨降りが続き湿度も高く、気だるく感じるお盆休みでした。
残念ながら、流星群もお月様も見れませんでした。
お天気には逆らえません・・・無茶をしないことですね(^_-)-☆

本日のお花
[PR]
by tekky521 | 2014-08-16 11:51 | ふるさと日記 | Comments(4)

ベトナムのお土産

速度がゆっくりの台風11号、大きな被害を起こしながら北上中です。
まもなく中部圏に最接近するところですが、どうか最小限の被害で済みますように・・・
こんな日は外出もせず、おうちが一番。


ベトナム研修旅行に行っていた娘が、先日帰宅しました。
研修内容など興味深いところですが、詳細はさておいて・・・

お土産を買ってきてくれたので、お見せしちゃいま~す☆彡

「ひとつはお母さんの、どっちでもいいよ!
a0271502_1151068.jpg


う~ん・・・悩むなー
でも、お花のは可愛すぎて恥ずかしいから、スパンコールの方がいいかなぁ~

木のソールで、ヒールにはお花の彫刻があしらわれています??
履いて歩くと、カランカラン?? 下駄みたいな音がします~
a0271502_10103616.jpg

お母さんの体重、大丈夫かなぁ・・・割れちゃわない??
月曜日、職場に履いていこう~!


黒い箸、2膳
素材は不明 軽くて持ちやすいお箸。
a0271502_10122340.jpg



トンボと竹が素敵
a0271502_10132798.jpg



チョコレート
パッケージにあるような観光地には行っていません。
日程はあくまでも、研修でした。
a0271502_1015652.jpg



日本語の説明も載っていました。
現地の人は、カタコトで「カワイイネ!」「ヤスイヨ!」って、どこに行っても言ってたって(#^^#)
a0271502_10151814.jpg



a0271502_101626100.jpg



ミルクは少なめ、甘~いチョコレート
a0271502_11425773.jpg

う~~ん!ベトナムっておあじ。疲れも吹っ飛ぶチョコレート。


Viet Nam Tra と書いてある、ベトナムティー
「ダイエットティーだって、蓮のお茶なんだって!お母さん飲むよね。」
a0271502_10422362.jpg


ジャスミン茶の香りがする茶葉
蓮はどこにあるのかな・・・

「空港に降りたら、空気悪っ!って思った」そうです。
初の海外、どんどん世界を広げて、柔軟な大人になってね☆彡
[PR]
by tekky521 | 2014-08-10 10:53 | 家庭 | Comments(4)
昨日も今日も、朝からびっくりするくらい気温が上がりました。
陽射しはじりじりと、まさに焦げ付くような勢いです。
こんな時には、滝から生まれる涼しい空気の中にいたいですね~
滝のしぶきが飛んだらごめんなさいね! (^_-)-☆



「見たか聞いたか阿弥陀ヶ滝の 滝の高さとあの音を」と郡上おどりで歌われる阿弥陀ヶ滝。
郡上市白鳥町にあり、長良川の源流の一つ、前谷川の上流に位置します。

阿弥陀ヶ滝は、落差が約60m、幅7m。緑樹の間から瀑音を響かせ落ちる様子には圧倒されます。
日本の滝100選・岐阜県の名水50選にも選ばれてる東海一の名瀑で、白山信仰の修験道(滝行)の地です。



大日ヶ岳のついでに寄りましたが、この滝を見るためだけに訪れても十分満足できます~
登山の帰りで疲れていたのと、温泉にも入りたかったので足早に見て来ましたが、暑い日には避暑気分で一日ゆっくり過ごせそうです~

滝の音が聴こえてきます・・・
a0271502_12302568.jpg



歩きやすい散策路に整備されています~
a0271502_1231728.jpg



この滝の水を使用した流しそうめんも営業されています。
赤い橋を渡ったところに、流しそうめんのお店があるようです~
a0271502_13152644.jpg



石段を上がって行くとすぐ、お地蔵様が祀られた手洗場所があります。
手を入れるとジンジンするくらい冷たい水でした。
とてものどが乾いていたので、ゴクゴク飲んでしまいました!
タオルを濡らして首に巻いて、あーー、いい気持ち!!
疲れが飛んでいきました!
a0271502_1234692.jpg



a0271502_1250667.jpg



a0271502_1235744.jpg

滝の北側に暗い洞窟があり、1553~55年の長滝寺の僧、道雅法師がこの中で修行し護摩を炊いたところ阿弥陀如来の姿が浮かびあがったところから阿弥陀ヶ滝と呼び名がつきました。

a0271502_1251743.jpg



水が落下することで風が生まれるのか、冷たい風が流れて来ます~
ひんやりとした空気が、清涼感たっぷり。
a0271502_12423414.jpg


a0271502_12431514.jpg


a0271502_12524364.jpg


a0271502_1257184.jpg


a0271502_1304750.jpg



屏風のような、大きな苔むした岩も圧巻です~
a0271502_13102475.jpg

滝の水は、思ったよりぬるめでした・・・
滝手前のお地蔵様の湧き水はとても冷たかったです~


猛暑は、エアコンと上手に付き合わないと身体を壊しがちですが、森林の中や、滝から生まれる天然冷房は気持ちがいいものです~

昨日も今日も、恐怖を感じるくらいの暑さでした。
こうやって、徐々に亜熱帯ニッポンになっていくのでしょうか・・・


お盆が過ぎる頃には、標高の高い山では秋の気配が始まります・・・
1年って、なんて早いことでしょう~
[PR]
by tekky521 | 2014-08-06 18:50 | 美濃・飛騨の山 | Comments(4)
長々と続いた大日ヶ岳ですが、これで終わりです。
花の名山にはかないませんが、大日ヶ岳山頂に続く水後山から鎌ヶ峰の尾根歩きでは、色とりどりのお花が咲いていました~~


クガイソウ
a0271502_13504597.jpg



アカショウマ?
a0271502_13501067.jpg



ヒヨドリバナ
a0271502_13534434.jpg



ヒヨドリバナの蜜を吸うアサギマダラと ハナムグリ?・・・
a0271502_14115.jpg



ヒヨドリバナの蜜を吸うヒョウモンチョウ
a0271502_1412512.jpg



a0271502_1412111.jpg




シモツケソウ
a0271502_13541437.jpg

a0271502_13592389.jpg



ニッコウキスゲ
a0271502_13543660.jpg

a0271502_13545316.jpg

a0271502_1355849.jpg

a0271502_14174570.jpg




? ツツジの葉に似ていますが・・・
コメツツジ、こちらで教えていただきました・・・
a0271502_135533100.jpg



ギボウシの類
a0271502_13555540.jpg

a0271502_13581878.jpg



ガスで遠くの景色は見れませんでしたが、こんな風にたくさんのお花が咲いているとワクワクしてしまいます・・・
a0271502_14153619.jpg



タカトウダイ?トウダイグサ科の何かです・・・
a0271502_13562481.jpg



シロバナクモマニガナ??
a0271502_13575183.jpg



シシウド
a0271502_14144471.jpg



ヤマハハコ 大日ヶ岳三角点のもとに咲いていました~
a0271502_13584819.jpg

優しく咲く花姿が大好きです。
疲れも癒されるヤマハハコです~



いくつかまだ名前がわからないものもありますが・・・
早朝、ゲレンデを登ったゴンドラ駅で、「上はガスッてたけど、花は綺麗でしたよ!」と2時間半で山頂まで往復されていたトレランのかたが言っていました。
時間が経っても、「上の方はガスっていたけど、花は綺麗!」な一日でした。



大日ヶ岳下山後、阿弥陀ヶ滝を見て帰りました。
滝の様子も後日見てくださいね(#^^#)
[PR]
by tekky521 | 2014-08-01 17:39 | 美濃・飛騨の山 | Comments(4)

名古屋からの日帰り山歩きのご報告。庭のお花たちや、日常のひとコマも時々登場しま~す♪♫


by テッキー