テッキーの山歩き

tekky521.exblog.jp
ブログトップ

下呂御前山

下呂御前山(1412m)は空谷山とも呼ばれ、下呂温泉街の東に連なる山並みのピークの一つです。
霊峰御嶽山を間近に遥拝する信仰の山で、古くから里人に登られていました。

a0271502_15182884.jpg

 下呂温泉病院(2014年5月 下呂市森地内へ移転新築)付近から臨む下呂御前山



2014年11月23日(勤労感謝の日)
飛騨川沿いの山々が錦色に染まる国道41号線を北上、下呂市内に入り、移転新築された下呂温泉病院の前を通り、広域基幹林道をぐいぐい上って行きます。
a0271502_1524425.jpg



しばらく林道を上がると、下から登ってきた大洞口の表登山道と合流します。
林道には駐車場はありませんが、広くなった路側帯に駐車できます。
この地点で標高は840mくらいです。
a0271502_15395694.jpg

林道や登山口にトイレはありません。
市役所前のコンビニに立ち寄りました。



8:24 
林道脇に登山口があります。
麓の大洞集落からの登山道と合流します。
このクマの看板、目が合うと怖い・・・??
a0271502_15424013.jpg



最初は、植林されたヒノキの人工林をジグザグに登ります
a0271502_16264819.jpg


a0271502_1627137.jpg



8:39 登山口から15分弱で、標高880m、五合目の標識が現れます。
大洞登山口から登って来ると、五合目まで約1時間とのこと。
a0271502_16281357.jpg


a0271502_16312468.jpg


看板が明瞭で、登山道も広く歩きやすいです。
温泉地だけに、森林浴に♨マークが描かれて、クスッと笑えました(#^^#)
a0271502_16315629.jpg



人工林を抜けると雑木林になり、落ち葉カーペットの上をふかふかと登って行きます~
a0271502_16335034.jpg
 


馬酔木の林かな・・・
a0271502_16364590.jpg



6合目
丁寧な看板や広い登山道は、安心できます。
a0271502_16372542.jpg



9:10 再び林道に出ますが、すぐ脇が登山道です。
(作業車しか通れない管理林道)
a0271502_1638377.jpg



お助け水の看板
100mほど下ると、水が湧き出ているみたいです~
a0271502_1642323.jpg



7合目を過ぎると、崩落現場に出ます。
a0271502_16444291.jpg


a0271502_16455525.jpg


崩落のためか?眺めが良く、雪の白山が見えました。
a0271502_16474156.jpg



「どんびき岩」
「どんびき」って、今の言葉では、その場がすごくしらけた時などに若い人が「どんびき~」なんて言いますが、この地方ではカエルのことを「どんびき」と言います。
「どんびき~~」と違って、アクセントはどんにかかります。
私は、この岩が「どんびき岩」だと思うのですが、奥の大きな岩がそう見える人もいるみたい・・・
a0271502_1652291.jpg

山の下の方を向いたカエルが座っているようにも見えますよね(#^^#)


作業中の看板には『登山者の皆様へ・・・中略・・・ご迷惑をおかけして申し訳ありありません』
と書かれていましたが、道楽でやって来る登山者に気を使っていただいてこちらこそお邪魔します・・・です。
石がごろごろする急な登りです~
a0271502_175229.jpg



朝日が射して、長く延びた影が綺麗です~
ヒノキで浄化された朝日みたいで、なんだか神々しく思えます。
a0271502_16574941.jpg


9:44 8合目
白樺林の広場みたいです。
石仏が祀られています~
a0271502_1762058.jpg


ここが合流点になっていて、左に登って行きます。
a0271502_171138.jpg



白樺に囲まれた緩やかな登りです~
近くでヘリコプターの音がしています。
昨夜は長野県北部で地震がありました。御嶽山の様子や、地震の影響の視察でしょうか・・・
a0271502_1711331.jpg



10:05 高岩権現神社へ寄ってみましょう~
a0271502_1713136.jpg



高い岩の上にちょこんと、石仏様が祀られていました。
a0271502_1714094.jpg



登山道から降りて登って、すぐ横でお参りしました・・・
優しいお顔ですね。
見晴らしがいい祠です~風が吹くとフラッとしそう・・・
a0271502_17145815.jpg



10:15 高岩権現神社からすぐ山頂です。
a0271502_1716457.jpg




つづく・・・




本日は久しぶりの青空でした。
生乾きの洗濯物がカラッと乾き、たまった桜の落ち葉を片付けました。
暗くなるのが本当に早くなり、一日があっという間ですね。

自生えのガーベラとアネモネが落ち葉の中で鮮やかに目立っています。
朝の冷えが緩やかなので、咲いているのかな・・・?
今朝も暖かい朝でした。ガーベラとアネモネ、この先、霜で枯れてしまわないといいです(#^^#)
[PR]
# by tekky521 | 2014-11-27 20:27 | 美濃・飛騨の山 | Comments(2)
虎渓山永保寺は岐阜県多治見市に佇む禅寺です。
鎌倉時代(1313年)に開創され、正式名称は「臨済宗南禅寺派 虎渓山永保寺」

国宝に指定されている「観音堂」と「開山堂」は鎌倉時代末期に建てられて、厳かな雰囲気が漂う庭園は池泉回遊式庭園と言われ、国の名勝に指定されています。

山々の紅葉が進み、平野部の楓もすっかり色づきました。
永保寺の楓もイチョウも、日が当たると眩しいくらい濃くなっていました。
永保寺投稿3年目です (^_-)-☆


2014年11月24日の永保寺
何処から見ても、本当に綺麗な佇まいです。
a0271502_14581128.jpg



臥竜池(がりゅういけ)の中心的存在の無際橋(むさいばし)は、日本百名橋の一つだそうです。
無際橋は、太鼓橋の中でも現在では珍しい形式である亭橋(ていきょう)となっています。
亭橋(ていきょう)というのは、反橋の中央に4本柱吹放に屋根をかけた亭を設けた形式の橋のことで、橋の最上部(中央)にある亭舎は、切妻造(きりずまずくり)の檜皮葺(ひわだぶき)の屋根です。
a0271502_14583578.jpg



池の畔の巨石の上に佇む六角堂。
切り立った岸壁が露出する巨石は梵音巌(ぼんのんがん)。
天然の巨石で小さな観音様がたくさん祀られています。
a0271502_1459476.jpg



無際橋と臥竜池、六角堂がおりなす浄土教的庭園は、何度見ても心に染みわたります。
日本人のココロに無意識な拠り所となっているのでしょうか・・・
ここを作り上げた昔の人の感性ってすごいですね
a0271502_15223397.jpg



a0271502_15241596.jpg



御神木の銀杏は樹齢680年
樹高25.3m 幹周4.33m
a0271502_15243488.jpg



国宝観音堂
a0271502_15255792.jpg


a0271502_15261772.jpg


a0271502_15283279.jpg




境内の南側を流れる土岐川の畔は、日当たりが良くて気持ちがいい風景でした。
こちらの楓も燃えるような紅葉でした。
a0271502_15322765.jpg


a0271502_15325028.jpg


a0271502_1533686.jpg


a0271502_15333552.jpg


a0271502_15335136.jpg


a0271502_15341485.jpg



虎渓山に佇む、永保寺。
a0271502_1539883.jpg



休日は穏やかな陽気で過ごしやすかったですね。
紅葉真っ盛りで行楽地は賑わったことでしょうね~☆彡
各地の渋滞情報も耳にしました。
永保寺には午前9時過ぎに到着したのですが、もう観光バスが二台停まり駐車場もいっぱいでした。
早めの昼食をとって早々に帰宅したので、渋滞には巻き込まれませんでした。
昼食も開店同時だったので、並ばなくて良かったです(笑)

11月最後の週になりました。
時間が経つのがすごく、早送りされているのではないかと思うくらいです。
明日は朝から冷たい雨の一日になるそうです。
暖かくして体調管理にはお気を付けくださいませ(^_-)-☆

お気に入りのお蕎麦屋さん
[PR]
# by tekky521 | 2014-11-24 16:02 | 神社やお寺 | Comments(2)

名古屋からの日帰り山歩きのご報告。庭のお花たちや、日常のひとコマも時々登場しま~す♪♫


by テッキー