テッキーの山歩き

tekky521.exblog.jp
ブログトップ

中部山岳国立公園  乗鞍岳(3026m)

今の時期の乗鞍岳は雪対策も必要で悪天時は氷点下にもなるそうです。
そこで、去年9月の記録を振り返り、ベストシーズンに向けての準備にしたいと思います(笑)

 2011年9月11日(日)晴れ
 乗鞍岳は、飛騨山脈(北アルプス)南部の剣ヶ峰(3026m)を主峰とする山々の
総称です。
a0271502_936824.jpg






朝5時に自宅を出発し、東海北陸道で高山IC経由、ほおのき平駐車場8時到着。
マイカー規制のためシャトルバスに乗り換え(往復2200円)乗鞍スカイラインの
壮大な景色にみとれ、上がっていきます。
      
畳平到着9時30分。標高に慣れながら朝食をとって
乗鞍本宮で本日の無事を祈願して10時過ぎ、登り始めました。
a0271502_10274434.jpg

しばらく砂利道を歩くと「自然科学観測所」があります。
こんなところで働いてみたいです。憧れます。
a0271502_16304835.jpg

整備された歩きやすい登山道を進むと、火口湖「不消ヶ池(きえずがいけ)」が
現れます。深いエメラルドグリーンで吸い込まれてみたくなります。
a0271502_9371584.jpg

雪渓ではスキーを楽しんでいる人達もいました。
今年はアイゼンをつけて歩いてみたいと思います。
a0271502_11135799.jpg

1時間ほどで「肩の小屋」です。休憩、宿泊設備、売店、トイレなどがあります。
a0271502_11294996.jpg

「肩の小屋」の裏からは、火山らしいゴロ石の登り道がひたすら続きます。
a0271502_1203381.jpg
a0271502_939161.jpg
a0271502_11132326.jpg

途中で「蚕玉岳」(2980m)に登頂。風がかなり強く吹き、濃霧も出てきました。
油断すると、風で飛ばされそうになります。
そんな中、どこかの熟年夫婦と、山頂の柱に書かれたこの名前は何と読むかの論議を
しました。強い風に吹き飛ばされそうになりながら。
気になったので帰宅後に調べてみました。「こだまだけ」です。
また今から登って教えてあげたい気分になります。
その後「頂上小屋」を過ぎ、剣ヶ峰(3026m)に登頂です。11時10分。
a0271502_9401330.jpg

360度ガスに覆われ、何も見えませんでした・・・
a0271502_11142689.jpg
a0271502_9411819.jpg

わずかなガスの切れ間に「権現池(ごんげんいけ)」が姿を現しましたが、
一瞬で見通しが悪くなります。神秘的な火山湖です。
似たような火山湖をあちこちに見ることができます。

下山しながら「富士見岳」(2818m)に向かいます。
a0271502_942319.jpg
「肩の小屋」まで降りると澄んだ青空が戻ってきました。
a0271502_9452796.jpg

魔王岳(2764m)は駐車場をはさんでそびえていますが、
その名前とは裏腹に、観光バスで来たお客さんと一緒に歩ける
お散歩道に整備されています。
魔王岳山頂からは、畳平や富士見岳、剣ヶ峰が一望できます。
a0271502_950251.jpg

a0271502_11232759.jpg


 残念ながら、畳平のお花畑はシーズンが終わっていました。
 

 往路1時間10分  帰路2・5時間くらい

  
[PR]
by tekky521 | 2012-06-11 10:57 | 美濃・飛騨の山 | Comments(0)

名古屋からの日帰り山歩きのご報告。庭のお花たちや、日常のひとコマも時々登場しま~す♪♫


by テッキー