テッキーの山歩き

tekky521.exblog.jp
ブログトップ

御在所岳(1212m)~公共交通機関で~

  2012年9月22日(土) 秋分の日 晴れ時々曇り
 「お友達と御在所岳登るけど、一緒にどう?」と、同じ勤務先だったKさんに誘っていただきました。Kさんは2年ほど前に退職されましたが、私が尊敬する女性です。一緒に登山ができることが嬉しくて同行させていただくことにしました。
本日の登山口までの経路はいつもと違い、ちょっとワクワク!遠足みたいです。
a0271502_9115016.jpg

a0271502_9132456.jpg

名鉄バスセンターから高速バスに乗って行きます。
「湯の山温泉行き」は平日1日1本、土日は3~4本出ています。
始発7:57乗車 湯の山温泉バス停到着予定9:04 片道1280円
帰りは、湯の山温泉バス停発 14:15 15:15 16:15 の3本のみです。
バスに乗り込むとき、係員の方が
「30~40分の遅れは普通ですよ~自然渋滞ですからね~」と
送り出してくれました・・・エーーーーッ!!

バスの座席は8割ほど埋まりました。
半数ほどが登山の支度をされていて、ザックからネギが飛び出している大学生風の女のコもいました。10人ほどのサークルの仲間でしょうか、登山ウェアも華やかです。山頂では「すき焼き」でしょうか~
a0271502_12101155.jpg

東名阪四日市ICからの国道からは、いくつかのバス停に停車し「近鉄湯の山温泉駅」では数人の登山者も乗車しました。
9:36 湯の山温泉バス停に到着です。
バス停からは御在所岳を見上げることができます。
温泉街を通り抜け、登山口に向かいます。
a0271502_12154697.jpg

登山口までの所要時間約40分の予定です。
a0271502_12172820.jpg

途中の「大石公園」の赤い橋を渡ります。
「大石公園」は川の中に大きな石が転がっている公園で推定800トン、川の中の石としては三重県下最大と言われます。
橋を渡ったあとは樹林帯を少し歩きます。
「登山ってカンジね~」
「そうですね~でも、まだ登山口まで来ていませんよ~」
樹林帯から県道に出ると、登山口が見えてきます。
ここです。いつも車を停めるところ・・・
a0271502_1241511.jpg

10:26 中登山道口から登って行きます。
登山ルートは幾つかありますが、登りはこの中道(なかみち)が途中からの景観もよくバラエティにとんでいるということで今回もこのルートを選択されていました。
私も去年は3回ほど通りました。
a0271502_12463263.jpg
大きな石と木の根が張りめぐされた急な上りが続きます。
登山口から30分で休憩。
「疲れたときは柑橘系がいいのよ」と、Kさんからみかんを一つ頂きました。
a0271502_12474565.jpg

大きな岩が転がらないようにつっかえ棒!わたしも1本足してきました。
a0271502_12551349.jpg

こんな大きな岩をよじ登っていきます。大丈夫ですか~~
a0271502_12555378.jpg

11:30 ロープウェイが見えます。ここで休憩と記念撮影~
a0271502_12584846.jpg

急な上りです~手はこちらに着くといいですよ~なんだか素人ガイドみたいになってきてしまいました・・・
a0271502_1302353.jpg
南東の景色。
途中の登山道でチェーンを手に、ヘルメットをかぶって岩を登る練習をしている集団がありました。
何度も休憩をとり、私も持参した大袋のミックスナッツを皆さんと・・・
前に、山で出会ったおじさんからミックスナッツを頂いたように、最初から抜きつ抜かれつしてきた若いカップルの二人にもおすそ分けしました。
「ありがとうございます。元気が出ます!」「センズのパワーですねっ!(笑)」
素直に喜んでもらえると、こちらも元気がでます。疲れも軽くなります。
a0271502_13181421.jpg

11:50 地蔵岩
a0271502_13185837.jpg

12:00 キレットと呼ばれる、このルートの難所です。鎖を伝って降ります。
a0271502_13202546.jpg

上る人、下る人が混在するので譲り合って通過します。
「オバサンたち時間かかるから若い人、先に行って~(笑)」
a0271502_13225549.jpg

陽射しもあり、疲労が溜まってきます・・・
a0271502_13251766.jpg

一段一段が大きく、膝に負担がかかります。
ゆっくり、ゆっくり登りましょう~
a0271502_13264455.jpg

13:00 8合目まで来ました。
ここで、藤内小屋でボランティアをされているという男性登山者に会いました。
2008年の集中豪雨で全壊した藤内小屋は、250人のボランティアの協力で再建できたそうです。
「山好きな人間がやるボランティアだから、時には山に登ってみたり、好きなことやって楽しんでやってきたよ」
と話されていましたが、大きな材木1本運ぶのも徒歩しかないから、リレーのように渡し渡ししながら運んだそうです。一般の登山客が安心して山に入れるのも、多くの方の協力と親切心があるからこそだと実感しました。
a0271502_1346965.jpg

綺麗なコガネムシ~登山道の真ん中では踏み潰されてしまうよ。林の中に避難です。
a0271502_13482847.jpg

あの岩の壁も伝ってきました。
山頂まであと少しです!
a0271502_13485936.jpg

a0271502_13492921.jpg

13:30 登山客とロープウェイで来た人と合流する「山上公園」の一歩手前に「富士見岩」があります。
ここから富士山が見えることもあるのでしょうか・・・
13:40 「山上公園」
レストラン、自動販売機、トイレもあります。2006年に閉園された「カモシカセンター」のあと、「御在所自然学校」になりました。スキーゲレンデに向かうリフトも作動中です。
スキーゲレンデを上りきると、御在所岳山頂があります。
あと一息ですよ~~~

  つづく~
[PR]
Commented by shizenkaze at 2012-09-23 22:52
御在所は岩場を楽しむ山ですね・・・・・
岐阜県西濃から養老、鈴鹿と石灰岩が多い山が続くので昔は化石探しを兼ねて登りました

御在所のカモシカ達か好きでしたが残念に思っています~

御在所か~
久し振りに行きたくなりましたが昔のように下から登るのは辛くなっているだろうな~><
Commented by tekky521 at 2012-09-24 14:14
カモシカセンターは閉鎖されましたが、山頂の樹木には鹿に食べられないように金網が張られていましたし、地面には黒豆がたくさん転がっていました
時間によってはカモシカ達に会えるかもしれませんね

ロープウェイでの空中登山道も快適でした~
これから先、紅葉の季節には最適でしょうね
Commented by aozoracafe123 at 2012-11-02 10:16
御在所岳、雪が降りつもる頃に2度行きました。
ロープウェーからの雪景色は絶景でした。
御在所岳は、樹氷も見られますね。
昔あったカモシカセンターにも行きましたよ~。
Commented by tekky521 at 2012-11-02 17:13
雪の御在所岳は綺麗でしょうね~
私は雪山に行くとしたら往復ロープウェイになりそうです・・・
雪山をスキーで下山!なんてことも、もう無理ですね(ヾノ・∀・`)
コメントありがとうございます
by tekky521 | 2012-09-23 14:21 | 鈴鹿の山 | Comments(4)

名古屋からの日帰り山歩きのご報告。庭のお花たちや、日常のひとコマも時々登場しま~す♪♫


by テッキー