テッキーの山歩き

tekky521.exblog.jp
ブログトップ

宇連山(うれさん) 滝尾根より下山~

宇連山(929m)は東海自然歩道が通過しており、コースは整備され道標も完備されています。
往路は眺望に恵まれた西尾根を楽しみ、復路は下石ノ滝経由の滝尾根コースから~
(11月25日)
a0271502_8464915.jpg
山頂は東側に展望が開けています。西尾根を歩くと四方が見渡せますが、空気が透き通ていれば遠く遠州灘が見える日もあるそうです。
a0271502_8471878.jpg
山頂に建てられた休憩所・・・大木が屋根を直撃していました。
a0271502_8535055.jpg

鳳来湖が見えます~いつか湖のほとりまで行ってみたいです。
a0271502_8561558.jpg

南アルプスと富士山が見えます~わかりますか?
富士山・・・右の端です・・・雲か何だかわかりませんね。
山頂では約40分間過ごして、惜しみながら12時10分下山開始。
a0271502_91155100.jpg

往路の西尾根コースを途中まで下り、下石ノ滝道分岐で山腹をジグザグに下って行きます~
a0271502_915328.jpg
a0271502_916297.jpg
北尾根コースの分岐点。滝の方向に進みます~
a0271502_9164174.jpg

えーっと・・・
a0271502_9173245.jpg

a0271502_9183252.jpg
亀石ノ滝分岐点~ここは真っ直ぐ下りましょう・・・日が短くなったので時間も気にして・・・滝尾根と言ってもまだ沢の存在が感じられません~
a0271502_9201291.jpg

滝の音が聴こえるよ!こっち、こっち~!
木の階段で整備された急な下り道~
a0271502_9273392.jpg

a0271502_9282096.jpg
下石ノ滝 二段で落差40m程~
a0271502_9292763.jpg

a0271502_9312431.jpg
水量が少ないのか、静かな滝・・・という印象でした。
大雨の後は、ここは通れなくなりそうです~
a0271502_9324143.jpg

サルノコシカケ風キノコ  3色
a0271502_9333855.jpg

滝の流れは下流の大津谷川へ続いた後、宇連川へと流れ着く~
a0271502_9382535.jpg

シャクナゲ自生地 5月初旬が見頃。
国体尾根への登り口です。
「国体尾根」という風変わりな名称。
1994年に愛知県で「わかしゃち国体」が行われた折、ここで山岳競技が行われたそうです。
競技に際して、山道を整備し、その記念として「国体尾根」の名称をつけたそうです。
ところで、今年10月岐阜県で開催された「清流国体」では
山岳競技はどこで行われたのでしょうか~
a0271502_9421249.jpg

3時20分 駐車場到着   復路約3時間
下山道に選んだ滝尾根コースは、整備されていますが急斜面の下りなので、逆周りか西尾根の往復が良いかと思いました。

駐車場は満車で、路上にもたくさん車が停められていました。
渓流に沿った遊歩道や芝生広場は紅葉が見頃で、家族連れやカップルが過ぎ行く秋の一日を楽しんでいるようでした。

遊歩道の様子は明日まで待って下さいね。
[PR]
Commented by shizenkaze at 2012-11-28 22:25
岐阜国体の山岳競技はボルダリング競技でしたので山じゃなくて金公園の特設競技場で行われました・・・・・

ウォールクライミングはスポーツとして年齢や性別に関係なく出来ますが人工的な壁を登るので何となく味気ないですね・・・><
でも同じ条件が作れるので競技としては公平ではありますが・・・^^
Commented by tekky521 at 2012-11-29 15:28
shizenkazeさま
岐阜国体のお答えありがとうございますm(__)m
森林が大部分を占める岐阜県ですが、競技として進めるのは難儀なことなのでしょうね
ウォールクライミングなら、限られたスケジュールでも天候に左右されずに実施できますね
by tekky521 | 2012-11-28 15:37 | 尾張・三河の山 | Comments(2)

名古屋からの日帰り山歩きのご報告。庭のお花たちや、日常のひとコマも時々登場しま~す♪♫


by テッキー