テッキーの山歩き

tekky521.exblog.jp
ブログトップ

竜ケ岳~金山尾根ルート~

竜ヶ岳(りゅうがたけ)は、三重県いなべ市と滋賀県東近江市の境にあり標高1099.6 m。
鈴鹿山脈中部に位置し、鈴鹿セブンマウンテンに選定されています。
三重県側の山麓から見ると優しく丸い山容ですが、急崖で崩壊が進んでいます。
滋賀県側は巨大な尾根と谷が発達しています。

郷土資料の『員弁(いなべ)史談』によると、「昔この地の豪族が、竜神を祀って雨乞祭をした故事によって竜ヶ岳と名付く」とされ、古くは雨乞いの山として登拝されていたようです。

a0271502_1124573.jpg

      早朝、山頂は雲に隠れている竜ヶ岳~手前は田植えの準備が整った水田~

2013年4月28日(日曜日)晴れ
東名阪道桑名ICから、国道421号を西に約20km「宇賀渓キャンプ場」の駐車場に向かいます。
自宅出発5時
a0271502_11435086.jpg

駐車場到着6時30分
駐車料金 普通車500円
入山料 一人200円(駐車場利用者は不要)
キャンプ場手前の路肩にも数台駐車できるスペースがあります

登山道は何ルートも展開されていて、
表道、中道、金山尾根、裏道、遠足尾根などあります。
裏道は、崩壊が激しく通行禁止とされていました。
往路は金山尾根、帰路は中道の計画をたてましたが
中道は急な下り道となったので、おそらく遠足尾根が下山には適しているのでしょう・・・

観光案内所で、入山届けを提出します。
この時、管理人さんに
「山頂付近の分岐点の看板が壊れている、という連絡がありました。
破損の様子を見てきてもらえませんか。」と頼まれました。
管理人さんは、親切でとても感じのいい方です~

登山開始7時 金山尾根ルート
a0271502_1242797.jpg

宇賀渓キャンプ場の横の林道を約20分程歩いて、登山道に向かいます。
林道は車両進入禁止です。
a0271502_127241.jpg

林道脇の岩肌には、イワカガミが咲いていました~
a0271502_1736280.jpg

林道の途中にトンネルが・・・と思ったら、地殻活動観察室。
分厚い扉の奥が気になりますね~
「center of the earth」 の世界を連想してしまいます~
a0271502_17414782.jpg

名水「竜の雫」 石灰岩の山の湧水です。
a0271502_17463483.jpg

裏道ルートの登山口は閉鎖されています
今日は、遠足尾根ルートの登山口は通り過ぎて金山尾根に向かいます~
a0271502_1744831.jpg

林道の終点で、白竜吊り橋を渡ります。
a0271502_17502596.jpg

次に、魚止橋を渡ります。
a0271502_21525725.jpg

魚止滝 落差8m
まもなく、谷側ルートと山側ルートの分岐があります。
せっかくの宇賀渓谷ですから谷沿いを歩いてみようと望んだのですが道がなくなってきたので、引き返して山側の登山道を歩きました。
a0271502_17564959.jpg

写真右が谷側の道・・・斜めの写真を撮ったのではありません・・・すぐ下が渓谷です~
a0271502_2155915.jpg

山側のルートに戻ると、すぐ岩を登ります。
a0271502_2223449.jpg

a0271502_2265989.jpg

8時32分 展望が開けてきました。
山頂が少し見えます~
a0271502_2284934.jpg

登山道は広がり、方向がわかりづらく感じられますが
オレンジ色のテープを目印に進んで行けます。
a0271502_22133899.jpg

9時 木々が立ち並び、縦の世界。
まるで、絵本の中に飛び込んだかのような広場に出ます。
ここでも、オレンジ色のテープに導かれて迷うことはありません。
登山道には、このテープ以外にも「位置確認No.」と地図が設置され
現在地を確認しながら進んで行けるので、心強いです。

a0271502_108810.jpg

気持ち良さそうに日向ぼっこ~
a0271502_22202391.jpg

9時33分  展望良好で山頂付近と、東、南、西方面も見渡せます~
a0271502_9341355.jpg

伊勢湾方面
a0271502_9373747.jpg

東は遠足尾根
a0271502_22223760.jpg

カタクリの花が咲いていました。
ひっそりと咲いている姿は、まさにスプリング・エフェメル(春の妖精)~
看板で案内された場所で見るカタクリと違い、山の中で出逢うことが出来たその花は
まるで、数十年も前の初恋の人に出逢ったような感覚で、ちょっとドキッとしました。
a0271502_22311756.jpg

あちらコチラに咲くアセビの花の間を登って行きます~
a0271502_22382910.jpg

10時 遠足尾根と合流 こちらから登って来る人もいます。
藤原岳と、左には御池岳です~
a0271502_2242158.jpg

山頂まで笹の間を歩きます。風が強く飛ばされそうになりました。
こんな時に、友達から「東山動物園の駐車場渋滞で、入れなくて困っている・・・」
なんて連絡がきました・・・(笑)
a0271502_22505132.jpg

治田峠(はったとうげ)分岐
朝、管理人さんが言っていた壊れた看板、これですね。
写真なんか撮りましたが、結局リュックに入れて行きました。
a0271502_22572852.jpg

笹に覆われ山頂まで続く道は、昔、竜が通った跡だそうです~
a0271502_2313423.jpg

a0271502_233479.jpg

10時34分 山頂
360度のパノラマが広がります ~続く~
 

                                     登頂まで3時間半
[PR]
by tekky521 | 2013-04-29 23:35 | 鈴鹿の山 | Comments(0)

名古屋からの日帰り山歩きのご報告。庭のお花たちや、日常のひとコマも時々登場しま~す♪♫


by テッキー