テッキーの山歩き

tekky521.exblog.jp
ブログトップ

大文字山から鹿ヶ谷を下りて、哲学の道

京都の送り火で有名な大文字山には、銀閣寺裏のルートから登りました。『大』の字の隅々まで散策しましたが普通に登れば40~50分で山頂に到着すると思います。

下山は、鹿ヶ谷に沿った道を下りました。
銀閣寺のルートは、雑木林で明るく幅の広い登山道ですが、鹿ヶ谷ルートは杉林で薄暗く狭い道が続いていました。


大文字山頂 465m
a0271502_14222018.jpg



山頂から眺める京の都~
a0271502_14233067.jpg



この先は、地図を頼りに下山します。
a0271502_14245695.jpg



トレイルランの標識が心強い・・・
a0271502_14254087.jpg



杉の林の中を歩きます~
ひんやり、涼しい空気です。
こちらのルートは、山頂から哲学の道に出るまで誰にも会いませんでした・・・
a0271502_14275174.jpg



ここだけ見ると、木曽あたりの深い山の中みたいですね・・・
a0271502_14312713.jpg



平安時代後期の偉い僧侶の石碑が建っていました。
俊寛僧都(しゅんかん そうず)の碑~
a0271502_14324327.jpg



苔むした岩と、谷からの涼しい風が心地よく~
a0271502_1447222.jpg

a0271502_14485750.jpg



楼門の滝
a0271502_14492488.jpg

京都の滝というだけで、なんだかありがたいような・・・(笑)


俊寛僧都が祀られていました。
a0271502_14494840.jpg



霊鑑寺門跡
a0271502_1453144.jpg

少し歩くだけで、寺院や旧跡がありますね・・・


哲学の道に合流しました~
夕方近くなり、賑わいも納まっていました・・・そうなんですよ・・・
この日はGW最終日です~
a0271502_1453508.jpg


a0271502_14541163.jpg



小径沿いにはお洒落なカフェや雑貨屋さんが並んでいます~
a0271502_1502685.jpg



あぶらとり紙のよ~じ屋のカフェ!
a0271502_151064.jpg

よ~じ屋のあぶらとり紙、いつもお土産に頂くので切れることがありません・・・

もう時間が迫っていて、立ち寄れなくて残念・・・でした。


a0271502_1513650.jpg

      「人は人 吾はわれ也 とにかくに 吾行く道を 吾は行くなり」
                                             西田幾多郎


a0271502_1515355.jpg

山頂からの下山、銀閣寺前の通りまで約60分。
この付近のお土産屋さんは17時頃閉店です。
連休最終日は、17時半頃まで開いていました~



では、銀閣寺、大文字山の行動軌跡です~
『大』の字、出来栄えはいかがでしょう~
山の近くで、クチャクチャッと歩いているところが銀閣寺です。

a0271502_15273622.jpg






行動距離(駐車場出発~銀閣寺散策含む)7374.8m

銀閣寺近くに24時間600円の駐車場がありました。(軌跡のスタート地点)
出入り口が狭く12台程度の無人駐車場で、間違いではないかと不審に思うほどお値打ちでした。



Gw、ついでに寄った京都歩きはこれで終わりです♪

つい一ヶ月前は桜を楽しみ、いつまでも肌寒いなんて言っていたのですが、ここ数日昼間は、まるで夏日のようですね。カラダが暑さに慣れていないので、体調を崩しがちです・・・
衣服の調節、水分補給、十分な休養などに心がけましょうね☆彡
Commented by shizenkaze at 2014-05-14 23:13
京都の山歩きも哲学の道歩きも楽しかったようですね~
ラストのGPSの軌道で何となく楽しさがこちらまで伝わって来ました~
それにしても便利な世の中になりました・・・・・なんて昭和村で昭和に浸っていた私はそう思ってしまいます~♪^^
Commented by tekky521 at 2014-05-15 21:35
shizenkazeさん
便利な世の中・・・携帯もPCも、明治暮らしの実家では、まだ
普及していません(笑)
実は、なくても生活はできますよね
散々使っていて、なんですが、便利さに溺れているような気もします・・・
チャンネルが取れちゃって、古はがきを挟んでガチャガチャ回していたブラウン管テレビが懐かしいです~
「シティーボーイ」のshizenkazeさんには
なんのことやら??かもしれませんね・・・(笑)
Commented by shizenkaze at 2014-05-15 23:23
『チャンネルが取れちゃって、古はがきを挟んでガチャガチャ回していたブラウン管テレビ』我が家もそうでした~
ハガキの代わりに私は金具部に輪ゴムを巻きつけてダイヤルを差し込んでいました~^^
ブラウン管テレビは当然ですが内部は多分トランジスターでしょうね?
我が家の最初の頃はテレビもラジオも真空管式でした~
だからスイッチ入れて画面出るまでに少なくても5分はかかりました~(知らないでしょ?^^)
Commented by tekky521 at 2014-05-16 19:37
shizenkazeさん
テレビの内部はよく分かりませんが、ガラスの飛行船のようなモノが入っていて、映るまでに時間がかかって、壊れてくると10分以上かかり父がよく叩いていました(笑)
黒電話はハンドルが付いていたし、
どこかにかけて、
何処そこの誰々さんお願いしますと
取り次いでもらっていたような記憶があります
今は、電話も一人一台ですものね、、、

shizenkazeさんは、私より少しお兄さん(笑)かと思いますので、私の時代はまだまだ最近のことです(^^)
by tekky521 | 2014-05-14 20:34 | 関西 | Comments(4)

名古屋からの日帰り山歩きのご報告。庭のお花たちや、日常のひとコマも時々登場しま~す♪♫


by テッキー