テッキーの山歩き

tekky521.exblog.jp
ブログトップ

元離宮 二条城(京都市)

お盆も過ぎて、秋の気配を感じますね。
今日は久しぶりに青空が見れました~
暑くてもやっぱり青空を見上げると、スキッとします。


八月はじめの話ですが、用事で京都方面に行ったので二条城だけ見て来ました。
御存じ、二条城は、徳川家康が慶長8年(1603年)に京の宿館として建設した平城。
徳川氏の京都での拠点となった場所で、幕末の1867年には15代将軍慶喜がここで大政奉還を行いました。
1994年には、ユネスコの世界遺産(世界文化遺産)に登録されました。
二条城は30年くらい前の修学旅行以来ですが、たぶん今の方がずっと興味深いです~

時代が大きく変動した瞬間。
自分がその時代に生きていたら・・・多分一平民。
誰が国のトップに立とうがお構いなし、今日のおまんまが頂けたら文句なし、の都からは遠く離れた貧しい農村の嫁でしょうね。
い~え。大奥筆頭?! 徳川将軍何某の正妻?!です!!・・・きっと(笑)


江戸時代、第一村人は近づくことさえ出来なかった、もしかしたら存在すら知らなかった二条城にタイムスリップ~(#^^#)



唐門
お堀に掛けられた橋を渡ると、門をくぐります~ 
a0271502_1024252.jpg



唐門(からもん)を入ると鮮やかな色使いで豪華に装飾された車寄が目に入ります。
欄間彫刻は表と裏のデザインを変えていて、表側には五羽の鸞鳥(らんちょう)・松・牡丹(ぼたん)、雲、笹があしらわれています。
a0271502_10263466.jpg

a0271502_10264691.jpg

a0271502_10272341.jpg



二の丸御殿
江戸時代の武家風書院造りの代表的なもので、車寄(くるまよせ)に続いて6棟が東南から北西にかけて雁行に立ち並んでいます。
建物面積3300平方メートル、部屋数33、畳は800畳あまり敷かれています。
中はとにかく広いです!
a0271502_10275614.jpg



城内は撮影禁止です。
ここで待っていてね。
a0271502_10284410.jpg

a0271502_10285620.jpg



二の丸御殿には、車寄側から、遠侍・式台・大広間・蘇鉄の間・黒書院・白書院が雁行型に連なっています。白書院(大名の寝室)を除くとすべての棟の内部が、金箔をはった画面に鮮やかな障壁画が装飾されています。
障壁画(ふすま絵)は、幕府御用絵師であった「狩野探幽(かのうたんゆう)」をリーダーとする「狩野派」という絵師集団によって制作されたものです。


15代将軍慶喜が諸藩の重臣を集め、大政奉還(たいせいほうかん)を発表した歴史的な部屋は、「一の間」(48畳)「二の間」(44畳)。
将軍が諸大名と対面した部屋で二の丸御殿の中で最も格式の高い部屋です。
 
素人ですが、歴史的な建築物の中にいると、厳かな気持ちになりました。
本当は、広い広い畳のお部屋「一の間」に上がってみたかったのですが・・・


二の丸庭園は、お城の周りをぐるりと歩けます。
a0271502_1035427.jpg



外から見た、大広間一の間・二の間の位置
a0271502_10364996.jpg



a0271502_103743100.jpg



a0271502_10393658.jpg



池の水を抜いて調査中でした。
a0271502_1040257.jpg


a0271502_10404878.jpg


a0271502_1041022.jpg



外から見た、将軍の寝室「白書院」
将軍の居間・寝室だったところです。内部の装飾も大広間や黒書院とは趣向が異なっています。
絵画は、寝室、居間にふさわしい水墨山水画が描かれています。
a0271502_10391361.jpg


・・・外から見ると、どの部屋もこれといって変わりがありませんでしたね・・・(._.)



次は本丸御殿
本丸御殿 内堀に囲まれた部分20,000平方メートルを本丸と呼びます。
a0271502_10413911.jpg


お堀
水鳥はいませんでした。鯉が泳いでいました。
「あれ、亀だよね!」と若い女の子が指差していたので、つられて見たら亀じゃなくて帽子が浮かんでいました。
a0271502_10421341.jpg



天守閣跡
本丸には五層の天守閣がそびえていましたが、1750年落雷のため焼失、さらに1788年には市中の大火のため殿舎をも焼失してしまいました。
a0271502_10424515.jpg



天守閣跡からの風景
大きい山は比叡山、その手前右には大文字山~
a0271502_10433735.jpg



この前、歩いたところ(#^^#)
a0271502_10441561.jpg



多くは外国の観光客のようでした。
私たちも、そう見えたかも・・・(笑)
随分前、国際線で日本語で紅茶か珈琲か聞かれたときに、すぐに答えなかったら
「tea or coffee?」って聞かれました。
多分チャイニーズだと思われたのですよねー(笑)
「coffee please」って答えました・・・
a0271502_10452599.jpg



天守閣跡
a0271502_1046444.jpg



現在の本丸御殿は、京都御苑今出川御門内にあった旧桂宮邸の御殿を、明治26年から27年にかけて本丸内に移築したものです。
a0271502_10464837.jpg



皇女和宮が14代将軍家茂に嫁がれる前、約1年8ヶ月にわたって住まわれた建物です。
a0271502_1047268.jpg



お堀の上に天守閣跡が見えます~
a0271502_10474864.jpg



散策路から出入口に向かう通路には、「しだれえんじゅ」が咲いていました。
淡い黄緑色のマメ科の可愛いお花です~
a0271502_10482671.jpg


a0271502_1048454.jpg



庭園を出たころから、曇り空がさらに暗くなり、風も吹いて来ました・・・。
「すぐに降り出すよ、ザーっと来るから急ごうよ・・・」と、駐車場に急ぎましたが
間もなく、大粒の雨がザーッと降ってきました。
木陰で雨宿りをしていたら、若いカップルの女の子が
「さっき、おねーさん(気を使ってくれたみたい・笑)がザーッと降るって言ってたの聞いていました。当たってびっくりです!」と傘を差しだしてくれました。
「ありがとう。でも通り雨で、きっとすぐ止むから・・・」
雨は5分もしないうちに止みました。
あの子、またびっくりしてくれたかなー(笑)


この8月3日の天候も、不安定でした。
この夏は梅雨が明けてからも前線が停滞して、特にお盆前後の数日は荒れた天候が続いています。
海や河川、山でも悲しい事故が絶えません・・・
自然には逆らえませんが、空のご機嫌や表情を敏感に感じ、急な天候の変化に的確な対応ができる力を身に付けたいだすね。




Commented by shizenkaze at 2014-08-18 23:30
二条城も天守閣が残っていたら国宝城も5城になっていたでしょうね・・・
歴史には強くないので建造物や偉人達は大凡だけ覚えて後はスルーする事にしています~(*´∀`*)

この時代に生きていたらきっと暗殺されています~゚(゚´Д`゚)゚
Commented by tekky521 at 2014-08-19 20:52
shizenkaze さん
え?!shizenkaze どのは暗殺されてしまうのですかー|д゚)
それは穏やかではありませんね・・・
「亡き者にするにはおしゅうございます」と大殿に伝えておきますね
by tekky521 | 2014-08-18 17:24 | 関西 | Comments(2)

名古屋からの日帰り山歩きのご報告。庭のお花たちや、日常のひとコマも時々登場しま~す♪♫


by テッキー